s_empirecasino

宝くじで夢を買うのはそろそろ終わりましょうよ。ね?笑

日本のカジノは、最大2_2兆円産業になる_(東洋経済オンライン)_-_Yahoo_ニュース

既存ギャンブル市場が2013年実績で5.3兆円。2020年度に仮にカジノが出来た場合のカジノ市場を1.2兆円から2.2兆円と試算しているようです。

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで無料プレイ♪↓

日本のカジノは、最大2_2兆円産業になる_(東洋経済オンライン)_-_Yahoo_ニュース 2

それよりもやはり伝えたいのがカジノの控除率(寺銭、てらせん、ペイアウト率)の低さです。公営ギャンブルが20〜30%、宝くじやTOTOが50%に大使、カジノは1桁%です。これは日本人からするとびっくりする数字かもしれませんが、世界的に見てカジノの控除率は1桁が常識です。さらにネット上のオンラインカジノとなると人件費を削減できるためさらに控除率が低くなります。

宝くじで夢を買うのはそろそろ終わりましょうよ。ね?笑

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで無料プレイ♪↓

カジノには夢がある。

カジノ法案成立間近? 一発当てたら買ってみたい「妄想購入リスト」_(週プレNEWS)_-_Yahoo_ニュース

カジノには夢があるんですよね。宝くじと同じで「もし多額の賞金が当ったら何をしよう!!」という夢を膨らませることができるのがカジノです。

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで無料プレイ♪↓

他のギャンブルなどでは一攫千金は難しく、買ったお金は1日や2日で使い果たせるようなものです。カジノだと一攫千金が狙える上に、宝くじとは払戻額のパーセンテージ(ペイアウト率)が異なりますからより一攫千金に近く、当りやすいと言えます。

カジノでもしあたったら何をしよう…カジノには夢があります!!笑

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで無料プレイ♪↓

ジャックスオアベターのハウスエッジ

ジャックスオアベターも他のゲームと同じようにハウスエッジがオンラインカジノ毎に異なります。

ソフトウェア別のペイアウト率を見てみると、以下のようになります。

ジャックスオアベターでは、マイクロゲーミング系もしくはプレイテック系のオンラインカジノを選択するべきですね。

ソフトウェア別の払い戻し表を見ると以下のようになります。

上記全てのソフトウェアの様に「フルハウスの配当が9」「フラッシュの配当が6」のマシンをJ/B 9/6と言う風に呼びます。
これ以下の配当のマシンですとペイアウト率が下がっていき、より不利な条件となります。

マイクロゲーミング系、プレイテック系はクリプトロジック系に比べ、ストレートフラッシュ、4カードにおいて払い戻し が大きくなっています。

これによりマイクロゲーミング系、プレイテック系のオンラインカジノはより高いペイアウト率となっています。

プレイヤーに有利なソフトウェアを使っているオンラインカジノを選び、
ベーシックストラテジーを利用することが重要です。

>>>ジャックスオアベターのベーシックストラテジーはこちら 

マイクロゲーミング系のオンラインカジノと言えば32レッドカジノとジャックポットシティーカジノ !!
>>>32レッドカジノのダウンロードはこちら
>>>ジャックポットシティーカジノのダウンロードはこちら

プレイテック系のオンラインカジノと言えばワイルドジャングルカジノとジパングカジノ!!
>>> ワイルドジャングルカジノのダウンロードはこちら
>>>ジパングカジノのダウンロードはこちら

オンラインカジノのペイアウト率について

まずペイアウト率について紹介します。

ギャンブルをする人の中にはペイアウト率のことを寺銭(てらせん)といったり、回収率と言う人もいます。

いずれの用語も同じことをさしているのですが、ペイアウト率は、

ペイアウト率=配当÷投資金学×100

であらわされます。

例えば1万円かけて4000円帰ってきたときのペイアウト率は、

4000円÷1万円×100=40%となります。

私達プレイヤー側にとって、ペイアウト率は大きければ大きいほうが有利なわけですが、ギャンブル毎におおよそのペイアウト率は賭ける前から決まっています。

予算のようなもので、決められた数値の中で、競馬で言えばオッズだったり、運営費だったりが振り分けられるのですね。

例えば上記のような40%のペイアウト率のギャンブルと言うのはイメージとして半数以上の人が負けるような計算です。

そんなギャンブルなんてする人がいるのか??と疑いたくなるかもしれませんが、日本の公営ギャンブルである宝くじがこれに当てはまります。

他のギャンブルについてもペイアウト率をまとめましたので一度比較してみてください。

比較して見ると、日本の公的ギャンブルがいかに私達にとって不利なゲームであるかと言うことが分かっていただけると思います。

宝くじに至っては一攫千金が狙えるという方もいるかもしれませんが、オンラインカジノでも億越えの賞金はでます。

競馬に関しては馬が好きでたまらないと言うなら構いませんが、スポーツ振興くじ(toto)などがサッカー以外の分野にも興味を示していることから、より有利に遊べるようになると思います。

パチンコに関してはゲーム感覚でやっていると言うならいいですが、ろくに仕事もせずに朝から開店を待つ列を見ると どうかな?と正直思います。

いずれにせよ、日本の公的ギャンブルがどれほど割りにあわないギャンブルであるかと言うことが分かっていただけるかと思います。

ちなみに、海外のギャンブル、例えばリアルカジノではこういったペイアウト率を公開しています。

日本ではおそらくわざと公開していないのでしょうが、その理由も分かっていただけるかと思います。

オンラインカジノのペイアウト率の高さについて言及すると、オンラインカジノは店舗を持たない、人件費が必要最低限で良いというメリットがあります。

これにより、ユーザーへの最大限の還元が実現されているのですね。


s_empirecasino