ビットコインオンラインカジノ

私はこういった介護施設のあり方に賛成です。

カジノやパチンコを提供する介護施設、あなたは賛成?_反対?_(Mocosuku_Woman)_-_Yahoo_ニュース

カジノやパチンコを提供する介護施設が賛否両論を挙げられています。

具体的にいうとカジノゲーム、パチンコ、麻雀などを
高齢者に提供することに疑問の声があがっているようです。

主な意見としては、
ギャンブル依存症につながる

さらに、

カジノやパチンコを提供する介護施設、あなたは賛成?_反対?_(Mocosuku_Woman)_-_Yahoo_ニュース 2

保険料と税金の使われ方としてどうなのか?
という主張もあるようです。

個人的に保険料は高すぎると思っていますし、
税金も高すぎると思っています。

つまり、取られすぎている。
取られすぎていると感じるのは、
我々が払っている保険料なり、税金に対する
見返りが分からないからだと私は思います。

では、お年寄りに対して娯楽として
カジノゲームやパチンコを提供するのは
ありかなしかと言われれば私はありだと答えます。

それは分かりやすい形で国民に還元されていることが分かるからです。

しかもお年寄り世代のおかげで私たちの社会は成り立っているからです。
今の世の中の全てに満足しているわけではありませんが、
多くの恩恵を受け、私たちは便利に日常を送ることができています。
それは全て先人たちのおかげです。

客観的な主張として、
お年寄り達が求めていることというのは、
コミュニケーションができる場でしょう。

そのためのツールとして
麻雀やカジノゲーム、パチンコがあっても私はいいと思います。

民間企業が絡む事業のことに口を出す前に、
自分たちの給料なり、人員削減をした方が
よほど国民の理解を得られるのではないでしょうか?
天下り先を潰すとか。

標的にしやすいところを標的にしている。

単にそういう風にしか見えませんけどね。

関東、東海地区ではまだこれらのサービスが提供されているようですが、
兵庫県は県をあげて、お年寄りの楽しみを潰しました。
今後どういった形へ話がまとまっていくのかに注目です。

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:カジノやパチンコを提供する介護施設、あなたは賛成? 反対?(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151031-00010005-mocosuku-life、Mocosuku Woman)

コナミがカジノでパチンコで・・・活躍の幅を拡大!

コナミHD、平成28年3月期第2四半期決算を発表_―_営業利益は前年同期比の約2倍に…『MGS_V__TPP』500万本、『実況パワフルプロ野球』1600万DLなど_(インサイド)_-_Yahoo_ニュース

コナミHDが好調のようです。

その要因としてデジタルコンテンツ業、
ゲームのソフト面での売れ行きが牽引したようです。

モバイルゲーム
家庭用ゲーム
アーケード用ゲーム
カードゲーム
様々なコンテンツでヒット商品を抱えているようです。

コナミHD、平成28年3月期第2四半期決算を発表_―_営業利益は前年同期比の約2倍に…『MGS_V__TPP』500万本、『実況パワフルプロ野球』1600万DLなど_(インサイド)_-_Yahoo_ニュース 2

さらに後回しにして語られているのが、
カジノ(ゲーミング&システム)
パチンコ・パチスロ(遊技機事業)です。

カジノ関連ではビデオスロット機「Podium」シリーズが世界的に人気を博しているようで、
さらにカジノマネジメントが北米のカジノを中心に導入されているようです。

またパチスロ機では、
新基準にいちはやく対応した機器を発表するなど、
かなり柔軟に動いている様子が見て取れます。

どこの企業も手がける事業の幅が広がっています。
コナミは新しく手がける分野に対してかなり積極的に仕掛けている企業です。
しかもアミューズメントを中心とし、
自社の強みを良く理解していると言えるでしょう。

全ての企業が多分野事業に乗り出していく結果、
どういった未来が待っているのでしょう?

中小企業は生き残れるのでしょうか?
大企業はカジノ事業などのように、
外貨を稼ぐ方法、
新規市場で稼ぐ方法を開拓する方向に走って頂きたいものです。

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:コナミHD、平成28年3月期第2四半期決算を発表 ― 営業利益は前年同期比の約2倍に…『MGS V: TPP』500万本、『実況パワフルプロ野球』1600万DLなど(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151031-00000000-isd-game、インサイド)

規制ではなくルールを!ギャンブル提供型介護サービスに対して・・・

介護施設に「カジノ」、効果は 疑似通貨でパチンコなど_(朝日新聞デジタル)_-_Yahoo_ニュース

介護施設にカジノやパチンコ、麻雀などの遊戯台を
提供するところが増えているようです。

そういった介護施設名の一例を挙げると、

横浜市都筑区のデイサービス「ラスベガス横浜都筑店」

名前からして、ギャンブル的な遊びができそうな雰囲気が出ていますね。

私が疑問に思うのは、
こういった形のデイサービスを各都道府県などが規制する動きができています。

「射幸心を煽るものを高齢者のデイサービスで利用できるのはダメだ!」というわけですね。

もちろんこういったデイサービスを利用する場では賭博行為など行われていません。

単にコミュニケーションを取れる手段として
カジノゲームやパチンコ、麻雀などが用意されているわけです。

では、ここでいう射幸心とはなんでしょうか?

デイサービスに入り浸ることでしょうか?

私は高齢者が何か一つ打ち込めることを持っているのは非常に良いことだと思っています。

打ち込めるものがないと、生きていても周りに迷惑をかけるだけだし…
とついつい暗くなってしまう人たちも少なからずいると思います。

介護する側としても何か打ち込めるものがあると
胸のつかえが取れる気分になります。

高齢者が周りに心配をかけない、
頭の体操にもなるといった理由で
カジノやパチンコ、麻雀で遊ぶことは果たしてダメなことでしょうか?

そこには換金行為なども一切ありません。

私はよほど街中にあるパチンコ店の方が射幸心をそそると思います。

カジノ、パチンコ、麻雀=ギャンブル=規制
と短絡的に考えるのではなく、
ルールを作る方向を考えて欲しいものです。

射幸心を煽られ、
ゲームに夢中になることを心配するなら、
こういった形のデイサービスの利用回数に制限をかければいいだけだと私は思います。

賭博行為も換金行為も行われていない、
高齢者のコミュニケーションに口を出す前に、
街中にあふれているパチンコ屋さんをなんとかしてもらえませんかね?

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

パチンコはただの「ギャンブル」

_朝鮮日報日本語版__日本でパチンコに興じる韓国プロスポーツ選手たち_(朝鮮日報日本語版)_-_Yahoo_ニュース

パチンコは海外から見たらただの「ギャンブル」であることがよく分かる記事です。

日本は公営ギャンブル、公営賭博以外を認めていません。

しかしながら法律で「ギャンブル、賭博」ではなく
「遊戯、娯楽」と定められている
「パチンコ」では換金行為が行われています。

換金行為が行われているにも関わらず、
パチンコはギャンブルではないというルールになっています。

ここはずっと議論され、
指摘され続けていることですが、
一向に法律が変わる気配もパチンコ業界が変わる気配もありません。

その日本の遊戯、娯楽であるパチンコで
韓国人プロスポーツ選手が遊んだことにより、
韓国当局が捜査を行っているようです。

パチンコは海外からするとギャンブルであると
認識されていることで捜査が行われる
という流れになっているようです。

日本としてはただの遊戯、娯楽に興じている人々たちの情報を
韓国に提供するなどするのでしょうか?

日本の法令においては犯罪でもなんでもない。

ただ遊んでいるだけ。

にも関わらず、海外の犯罪に手を貸すことになっている実情。

日本政府はどう対応していくのでしょうか?

↓スマホでRPG型カジノ♪クレジットカードも使えます!↓

参考記事:(朝鮮日報日本語版) 日本でパチンコに興じる韓国プロスポーツ選手たち(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151019-00000553-chosun-kr、朝鮮日報日本語版)

「パチンコで換金行為が行われている事実を知らない」と言えなくなった警察庁

東京のパチンコも11月から「等価換金」できなくなる

パチンコの換金率が制限されるようです。

これまでも「等価交換」いわゆるレートの違いは店毎にあったわけですが、一対一の交換レートはなくなるようです。

交換レートで店によっては台の引きや数字をコントロールしてきたわけですが、今後当たりを引きやすくなるのかも知れません。

今回の、交換レートに上限を求めるというのは東京都の話で、他府県ではもともと交換レートは低くおさえるように条例になっていたり、警察が干渉したりされてきました。

東京のパチンコも11月から「等価換金」できなくなると大騒ぎ 「当たり」の確率はどうなる?_(J-CASTニュース)_-_Yahoo_ニュース

レートの上限ができたことで、レートの上限での競争がなくなり、当たるホール、出るホールが選ばれるようになっていきます。

レートの上限を定めたことはパチンコの換金を認めることであり、カジノ法案立案にあたって、後ろ指を指されている状況を少しでもよく見せておこうという魂胆でしょう。

いずれにせよ警察庁はパチンコの換金の事実を知っているということです。これは知らない人はびっくりとすると思うのですが、パチンコの換金行為が存在することを警察は認めていません。

これは本当です。国会にて換金行為など存じないと答弁したのが、警察です。なぜならパチンコ業界を管轄するのは警察庁で多くの天下り先企業をパチンコ業界に有するからです。その天下り先を失うことになっては困りますよね。お役所の方々の発想はそんなものです。自分たちの天下り先を守るためにパチンコの換金行為を知らないと言っているわけです。

ですが、東京都の警視庁が今回の県を知らないとは言えませんでしょうから、さすがに全国の都道府県の警察をまとめる警察庁も「パチンコで換金行為が行われている事実を知らない」と言うことはできなくなったのではないでしょうか?

↓スマホでRPG型カジノ♪クレジットカードも使えます!↓

参考記事:東京のパチンコも11月から「等価換金」できなくなると大騒ぎ 「当たり」の確率はどうなる?(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151010-00000002-jct-soci、Yahoo!ニュース)


ビットコインオンラインカジノ