CONTACT

カジノで認可するゲームを決める前にすべきこと。

 

日本にカジノを作る際に、既存のカジノの枠組みを超える所をどこまで許容していくか?という議論は大いに価値があると思います。

ですが、日本でカジノを創設するにあたって既に他国で人気を博しているゲームを認可するかどうかという議論が起こっているようです。

例えばポーカーやスポーツベッティングですが、これらは日本のカジノでは認められない可能性があるとのことです。

ポーカーに関しては麻雀や将棋、囲碁などと同じくくりとされているようです。「顧客同士の勝負は公平性を担保できない(※ポーカーは集客の観点から議論の余地あり)」ということが理由だそうです。

しかしながら、ポーカーは世界的な大会が行われているなど世界中で人気があるためポーカーの可否に関しては今後議論を行っていくようです。

スポーツ競技への賭けや競馬、競輪に関してはスポーツベッティングという枠組みに当てはめてしまえば良いと個人的に思います。日本で言えばサッカーのTOTOを始め、競馬、競輪、ボートなどは場外券売所もあるわけですので、足並みを揃えてルールを明確に定めなおせば良いと思います。

もちろんパチンコの議論についても忘れてはいけません。

むしろグレーゾーンで既に荒稼ぎし続けているパチンコに関する議論をやり尽くさなければ他のギャンブルの法的ルールを定めることは困難でしょう。

正直な所、カジノの議論を進めながら、より突っ込んだ議論をパチンコに関して行ってもらいたいと思います。
↓スマホやbitcoinにも対応しているオンラインカジノはこちら↓

高齢者にゲームを提供することは一概にダメと言えるか?

 

遊技提供の介護施設規制 兵庫県、神戸市「税金投入適さぬ」_(神戸新聞NEXT)_-_Yahoo_ニュース

兵庫県と神戸市がアミューズメント型介護施設、
カジノ型介護施設を規制する条例を制定しました。

ゲームをする時間が大半に上ることが問題とのこと。

しかしながら、
これまでカラオケなどが介護サービスとして提供されています。

カラオケは良くて、カジノゲームやパチンコは規制する
という判断基準はどこにあるのでしょうか?

どちらも頭の体操になり、
個人的には規制する対象にならないのではないかと思います。

問題は税金が入っていることという意見もあるようですが、
目的は高齢者のために介護サービスを提供することですので、
多少多めに見てもいいのではないかと思いますが、
兵庫県と神戸市は規制に走ったようです。

アミューズメントサービスを高齢者に提供する時に関して、
もう少し柔軟な考え方を持っていても良いとは思いませんか?

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:遊技提供の介護施設規制 兵庫県、神戸市「税金投入適さぬ」(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00000001-kobenext-l28、神戸新聞NEXT)

安倍内閣中にパチンコ業界の規制が進むか?

 

パチンコ業界に冬の時代がやってきつつある~強まる規制に生き残れるのか?_児玉克哉__-_個人_-_Yahoo_ニュース

パチンコの規制が厳しくなってきているようです。

具体的な内容は参考記事を読んでいただければ分かりますが、
ギャンブル性が低くなる方向へと規制が進んでいるようです。

パチンコは民営の娯楽・遊戯とされています。
ギャンブル性の排除は必然と言えるでしょう。

パチンコの歴史は戦前へと遡るらしく、
これまで暗黙の了解とされてきた面が多々あるようです。
それが規制が進まない一因とも言えるでしょう。

しかしながら、
カジノ合法化に向けて、
ギャンブル依存症問題が取り沙汰される中で、
パチンコが無視されるまま問題解決が進むとは考えられません。

このような観点からもパチンコ業界への圧力は強まることでしょう。
パチンコが民営でありながら
換金行為が可能な「ギャンブル」であることは以前から指摘されていることです。

時代と共にどう変わっていくことでしょう。
パチンコ業界は時代に逆らうことができなくなることでしょう。

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:パチンコ業界に冬の時代がやってきつつある~強まる規制に生き残れるのか?(http://bylines.news.yahoo.co.jp/kodamakatsuya/20151113-00051404/、児玉克哉)

賭博容疑でタイトル逃す…日本でも同じ光景を目にしましたよね。

 

賭博疑惑で主力欠いたサムスン5連覇逃す 韓国プロ野球_(朝日新聞デジタル)_-_Yahoo_ニュース

お隣の国韓国でプロ野球選手が
ギャンブル行為を行っていたとして騒ぎになっています。

彼らは遠征先や旅先でカジノに興じたことが問題視されています。

他にも韓国人野球選手が日本でパチンコに興じたことがニュースになっていました。

国内のあの件はどうなったのでしょう?

あの件と言えば、
日本のプロ野球選手が絡んだ賭博事件の捜査は進んでいるのでしょうか?

読売巨人軍から3人の野球賭博容疑者が現れ、
クライマックスシリーズでは日本シリーズを逃しました。

日本シリーズが終わり、
シーズンオフに入ると
捜査の手が広がるのかと思いましたが、
特に新しいニュースは入ってきていません。

野球界の問題ではなく、
読売巨人軍の問題として片付けてしまうのでしょうか?

あまりにも後味が悪い気がしませんか?

事件解明が済んでいるなら、
せめて巨人軍は記者会見を開くべきだと思うのですが。

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:賭博疑惑で主力欠いたサムスン5連覇逃す 韓国プロ野球(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151102-00000014-asahi-int、朝日新聞デジタル)

私はこういった介護施設のあり方に賛成です。

 

カジノやパチンコを提供する介護施設、あなたは賛成?_反対?_(Mocosuku_Woman)_-_Yahoo_ニュース

カジノやパチンコを提供する介護施設が賛否両論を挙げられています。

具体的にいうとカジノゲーム、パチンコ、麻雀などを
高齢者に提供することに疑問の声があがっているようです。

主な意見としては、
ギャンブル依存症につながる

さらに、

カジノやパチンコを提供する介護施設、あなたは賛成?_反対?_(Mocosuku_Woman)_-_Yahoo_ニュース 2

保険料と税金の使われ方としてどうなのか?
という主張もあるようです。

個人的に保険料は高すぎると思っていますし、
税金も高すぎると思っています。

つまり、取られすぎている。
取られすぎていると感じるのは、
我々が払っている保険料なり、税金に対する
見返りが分からないからだと私は思います。

では、お年寄りに対して娯楽として
カジノゲームやパチンコを提供するのは
ありかなしかと言われれば私はありだと答えます。

それは分かりやすい形で国民に還元されていることが分かるからです。

しかもお年寄り世代のおかげで私たちの社会は成り立っているからです。
今の世の中の全てに満足しているわけではありませんが、
多くの恩恵を受け、私たちは便利に日常を送ることができています。
それは全て先人たちのおかげです。

客観的な主張として、
お年寄り達が求めていることというのは、
コミュニケーションができる場でしょう。

そのためのツールとして
麻雀やカジノゲーム、パチンコがあっても私はいいと思います。

民間企業が絡む事業のことに口を出す前に、
自分たちの給料なり、人員削減をした方が
よほど国民の理解を得られるのではないでしょうか?
天下り先を潰すとか。

標的にしやすいところを標的にしている。

単にそういう風にしか見えませんけどね。

関東、東海地区ではまだこれらのサービスが提供されているようですが、
兵庫県は県をあげて、お年寄りの楽しみを潰しました。
今後どういった形へ話がまとまっていくのかに注目です。

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:カジノやパチンコを提供する介護施設、あなたは賛成? 反対?(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151031-00010005-mocosuku-life、Mocosuku Woman)


CONTACT
Translate