ビットコインオンラインカジノ

ジャックスオアベターのハウスエッジ

ジャックスオアベターも他のゲームと同じようにハウスエッジがオンラインカジノ毎に異なります。

ソフトウェア別のペイアウト率を見てみると、以下のようになります。

ジャックスオアベターでは、マイクロゲーミング系もしくはプレイテック系のオンラインカジノを選択するべきですね。

ソフトウェア別の払い戻し表を見ると以下のようになります。

上記全てのソフトウェアの様に「フルハウスの配当が9」「フラッシュの配当が6」のマシンをJ/B 9/6と言う風に呼びます。
これ以下の配当のマシンですとペイアウト率が下がっていき、より不利な条件となります。

マイクロゲーミング系、プレイテック系はクリプトロジック系に比べ、ストレートフラッシュ、4カードにおいて払い戻し が大きくなっています。

これによりマイクロゲーミング系、プレイテック系のオンラインカジノはより高いペイアウト率となっています。

プレイヤーに有利なソフトウェアを使っているオンラインカジノを選び、
ベーシックストラテジーを利用することが重要です。

>>>ジャックスオアベターのベーシックストラテジーはこちら 

マイクロゲーミング系のオンラインカジノと言えば32レッドカジノとジャックポットシティーカジノ !!
>>>32レッドカジノのダウンロードはこちら
>>>ジャックポットシティーカジノのダウンロードはこちら

プレイテック系のオンラインカジノと言えばワイルドジャングルカジノとジパングカジノ!!
>>> ワイルドジャングルカジノのダウンロードはこちら
>>>ジパングカジノのダウンロードはこちら

バカラのハウスエッジ

バカラは基本的にはバンカーに賭けるのがもっとも有利となっています。

バカラのハウスエッジはゲームに使うデック数によって変わってきます。
ですので、デック数とハウスエッジの関係を紹介しておきたいと思います。

ハウスエッジはカジノ側の取り分となるので小さい方がプレイヤーにとって有利になります。

上の表を見てもらうと、デック数が多くなるにつれてバンカーのハウスエッジは大きくなっていきます。

冒頭でも紹介したとおりバカラは基本的にバンカーに賭けるゲームであるため、
デック数が多くなるにつれ、プレイヤー側には不利になっていくことがわかります。

ですので、私達プレイヤーとしては、なるべく少ないデック数でプレイできるバカラを探したいところです。

当サイトで紹介しているオンラインカジノでは、
マイクロゲーミング系のオンラインカジノではシングルデックでプレイすることができます。
ですがハイリミットとなると8デックになるようです。

他のソフトウェアでは、プレイテックは6デック、ライブバカラは8デック。
クリプトロジックでは8デックとなっています。

デック数で言うとマイクロゲーミング系のオンラインカジノが有利ですね。

ハイリミットとなると8デックになるようですので、ハイローラーの方におすすめのオンラインカジノは
マックスベットの方との兼ね合いで紹介したいと思います。

>>>バカラソフトウェアごとのマックスベットはこちら

>>>マイクロゲーミング系32レッドカジノの登録はこちら
>>>32レッドカジノの紹介はこちら

>>>マイクロゲーミング系ジャックポットシティーカジノの登録はこちら
>>>ジャックポットシティーカジノの紹介はこちら

ルーレットはハウスエッジで選ぶ

ルーレットにはアメリカンルーレットやヨーロピアンルーレット、イギリス方式やメキシコ方式のルーレットが存在します。

その中でもメジャーなのはダントツでアメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットです。

ゼロの数がアメリカ方式の方が多いのですが、あまり気にせず遊んでいる人もいるようなので 説明しておきます。

そもそもゼロの数の多いアメリカ方式のルーレットの方がプレイヤーにとって不利となっています。

計算上アメリカンルーレットのハウスエッジは5.26%、ヨーロピアンルーレットのハウスエッジは2.70%となります。
ですので、なんとなくアメリカンルーレットで遊んでいた人はヨーロピアンルーレットで遊んでいた場合に比べ、
負ける確立が2倍くらいのところで遊んでいたとも言うことができます。

オンラインカジノではアメリカンルーレット、ヨーロピアンルーレットそもそものハウスエッジに加え、
ソフトウェア毎にハウスエッジが変わってくるので紹介したいと思います。

ソフトウェアによってルールが変わってきます。
たとえばインターカジノなどに代表されるクリプトロジック系のアメリカンルーレットでは黒・赤や偶数・奇数に賭けている時(イーブンベット時)に0や00に入ると賭け金の半分が戻ってきます。
マイクロゲーミング系、ボスメディア系オンラインカジノのフレンチルーレットでは、0が一つしかないのに加え、イーブンベット時に0に入ると賭け金の半分が戻ってきます。
そのため、ハウスエッジが1.35%となります。

ソフトウェアによってここまで差があるのですから有利なルールで遊ぶにこしたことはないと言うことがお分かりいただけるかと思います。

私なら迷わずマイクロゲーミング系のオンラインカジノである32レッドカジノ のフレンチルーレットを選択します。

>>>マイクロゲーミング系32レッドカジノの無料ダウンロードはこちら
>>>32レッドカジノの紹介はこちら

 

ブラックジャックのハウスエッジ

オンラインカジノのブラックジャックで勝つためには、オンラインカジノ毎のハウスエッジを知っておく必要があります。
ハウスエッジに関する説明はこちら>>> 

オンラインカジノのハウスエッジは、ゲームを提供するソフトウェア会社によって決まっています。

3大ソフトウェアと呼ばれる、プレイテック社、マイクロゲーミング社、クリプトロジック社の代表的なブラックジャックのハウスエッジを紹介します。

ハウスエッジはカジノ側の取り分になるので、数値が小さければ小さいほどわれわれプレイヤー側に有利になります。

各ソフトウェア毎に最もプレイヤーに有利なハウスエッジを赤文字にしてあります。

ハウスエッジを参考にすると、ブラックジャックで勝ちたいならクリプトロジック社のSingle Deckでプレイするのが懸命だと言う事が分かりますね。

>>>クリプトロジック社のソフトウェアで遊べるインターカジノ無料ダウンロードはこちら
>>>クリプトロジック社のソフトウェアで遊べるインターカジノの紹介はこちら


ビットコインオンラインカジノ