CONTACT

NETeller(ネッテラー)出金方法(銀行口座)

 

ネッテラー出金方法銀行口座への引き出し

ネッテラーにログイン後、左サイドバーの「出金」を選択します。

出金方法の選択画面が現れますので「銀行口座への引き出し」を選択します。

ネッテラー出金銀行口座

「引き出し金額」を入力し、「続行」を選択します。

※利用手数料が引き出し一回あたり、12.75USD必要です。
※為替手数料として2.95%必要です。
※一回あたり最低出金額は50.00USD、最高出金額は100,000.00USDです。

3ネッテラー出金銀行口座

手数料を確認し、下のチェックボックスにチェックを入れ「確認する」を選択します。

※為替レートは引き出し(出金)申請時のレートが適用されます。

4ネッテラー出金銀行口座

出金金額の確認画面が表示されますので「閉じる」を選択します。

5ネッテラー出金方法銀行口座

ネッテラーの管理画面が表示されます。

ステータスのところが「保留中」となります。

日本の銀行口座に反映されるまで、保留中の状態が続きます。

6ネッテラー出金国内銀行口座

7月1日に銀行側の反映手続きが完了しました。

※日本の銀行口座毎に所定の手数料が必要となります。
※6月25日にネッテラーに出金申請をし、7月1日に国内銀行への反映が完了しています。ですので出金申請から実際に国内銀行から出金できるようになるまで、1週間を目処に見ておけば良いと思います。
※銀行からの「外国為替計算書」の発送日付は7月3日となっており、7月5日前後に計算書を受け取りました。

私が利用しているのはみずほ銀行です。他行では上手く引き落とし手続きを進めれなかったため、みずほ銀行の口座を開設しました。

※ネッテラーからの出金専用の銀行口座を新しく用意することをおすすめします。既にみずほ銀行の口座をお持ちの場合も新しく口座を持てますので、別口座を持ちましょう。

みずほ銀行から引き出している記事を参考にさせてもらいました。
ありがとうございます。

↓パソコン利用者はワイルドジャングルカジノ一択です!↓

↓スマホでちょこちょこ♪クレジットカードも使えます!↓

参考記事:【NETELLER(ネッテラー)】30,000.00USD一回で出金しました。;日本国内銀行への出金方法(http://gomakichi.com/neteller/neteller3000000usd.html、ネッテラー専門サイト)

HSBCの中にHSBC香港とHSBCJAPANがあるんですよ。

 

HSBCホールディングス_-_Wikipedia

基本的なことなのに分からない人がいるんです。

日本人ってお金の管理に疎いせいでしょうか。

自分のお金に執着がないといえばそうなのかもしれません。

ですが、実際にお金を守ろうとするからわざわざHSBCで口座を開こうと思うわけです。

自分がお金を預ける先のことは良く分かっておきましょう。

信用できるところに預けるのが基本ですよね?

知らない人にお金を預けますか??

良く勘違いされているのがHSBCグループの実態。

HSBC自体はイギリスのロンドンに拠点を置く、金融会社です。

そのグループ会社としてHSBC香港、HSBCJAPANなどがあるわけです。

一部の人間はHSBC香港=HSBCと勝手に思い込んでいる人がいます。

あくまでHSBC香港は海外口座の一つです。

HSBCは世界最大級の金融グループとされています。

そのため、HSBCを信頼し、日本に近いということでHSBC香港が注目を浴びているわけです。

サンクチュアリを作りたい方の中にもこの辺がごっちゃになっている方が大勢います。

例えばネッテラーやジーバンク、ウェバンクはHSBCに比べると規模は小さいが海外に口座を開くという意味ではネッテラーやジーバンク、ウェバンク、HSBC香港に口座を開設するというのは同義になります。

そういう観点で探すとサンクチュアリの候補を見つけることは容易です。

ただ、
注意点があり、
それはその口座の信頼度です。

そういった点から考察すると、口座の開きやすさも考え、ネッテラーを利用される方が多くなってくるのではないかと私は考えています。

個人的にはネッテラーで口座を開設しておいて、のちのちHSBC香港で口座を開設される、海外銀行で口座を開設され、併用されるというのが現実的かと思います。

ネッテラーの口座開設はこちらをご参照ください↓
「NETeller(ネッテラー)」

↓パソコン利用者はワイルドジャングルカジノ一択です!↓

↓スマホでちょこちょこ♪クレジットカードも使えます!↓

記事参考元:HSBCホールディングス(https://ja.wikipedia.org/wiki/HSBCホールディングス, wikipedia)

なんちゃってサンクチュアリにご注意ください。

 

サンクチュアリですが、
国内銀行口座と取引履歴がある口座にしたらアウトです。

全て足がつきます。

一応先に伝えておきます。

わからない人はこのまま読み進めてください。

今からサンクチュアリを用意したい方は、
HSBC海外支店で口座を開いて、
ネッテラーで口座を開いて、
ネッテラーに入金しておきましょう。

順序的には、
HSBC香港を利用するとすると、

ネッテラーで口座を開く

HSBC香港で口座を開く

HSBC香港でお金を入金する

ネッテラーに入金する

と言う順番になります。

出金する場合は足がついてもいい日本の銀行口座を開設しておくか、
HSBC香港に入金し、香港まで受け取りにいきましょう。

HSBCは英国が作った会社です。

海外オンラインバンク(ネッテラーなど)に入れてる方がサンクチュアリとしては望ましいと思います。

ネッテラー(netteler)

アイバンク(i-banq)

ウェバンク(webanq)

ジーバンク(zbanc)

などが海外オンラインバンクの候補となりますが、
私は断然ネッテラーをおすすめします。

ロンドン証券取引所に上場しているので、
ドロンされる恐れがありません。

海外オンラインバンクはドロンされる恐れがあるものです。

その辺りの事情も踏まえて、
入出金方法を一覧にしていますので、
良かったら参考記事を見てみてください。

参考記事:入出金方法一覧

入出金方法のsanctuary(サンクチュアリ)とは?

 

応援クリックしていただけると励みになります↓
最近人気のオンラインギャンブルや投資情報もわかります!
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

みんなお金のサンクチュアリを探しているようです。

HSBCの海外口座を開くのを避け、
外貨に換えておきたいのでしょう。

世界的に金融危機が起こる可能性、
金融封鎖が起こる可能性をきちんと感じているのでしょう。

個人的には、
外貨で置いておくというだけなら、
webanq(ウェバンク)やi-banq(アイバンク)、
zbank(ジーバンク)などよりも
neteller(ネッテラー)の利用をおすすめします。

なぜなら歴史があることと、
世界的な認知度が高いこと。
ロンドン証券取引所に上場しています。

さらに言うと、

ネッテラーならカードの発行もスムーズで、
私もカードでゆうちょ銀行やセブンイレブンで引き落としを普段行っています。
海外ATMでも利用可能です。

また日本の銀行口座への振り込みも容易です。
実際に先日、円安が落ち着いたところで、
30,000.00USDを日本円にしました。

みずほダイレクト

ネッテラー10,000.00USD(手数料12.75USD、外貨為替手数料2.95%)
i-banq上限なし(ただし100万円以上の引き出しは事前連絡が必要)
webanq5,000USD(手数料2.49USD、30daysMAX20,000USD)
zbanc5,000USD(手数料FREE)

為替レートは悪いですが、
まとまった額の振り込みが実際にできました。

NETELLER_に連絡___出金

選択肢は調べだすとキリがありません。

私はサンクチュアリを探すなら、
ネッテラーを一択でおすすめします。

※日本語非対応の所は預金封鎖の可能性が高くなるので避けましょう。

★応援クリックしていただけると励みになります↓
最近人気のオンラインギャンブルや投資情報もわかります!

オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

☆☆☆カジノで勝つためのお得情報を無料でプレゼントしています☆☆☆
お得情報を無料で受け取りたい方はこちら↓

クリックして、PDFファイルをダウンロードしておけばいつでも読めます!
※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)
※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

★ 管理人のフェイスブックはコチラ↓
→ 管理人のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎です!)

FACEBOOK

入出金方法一覧

 

みずほダイレクト

※ネッテラーから300USDをみずほ銀行に出金した時の画像

オンラインカジノへの入金・出金方法として、
以下の入出金方法が代表的なものとして挙げられます。
※2015年5月20日改正

NETeller(ネッテラー)オススメ!!

webanq(ウェバンク)

zbanc(ジーバンク)

i-banq(アイバンク)

クレジットカード

※以下は日本語非対応です。
※突然営業が終了する時もあります。
※リスクを考えると利用をおすすめしません。

【英語】skrill Moneybookers(スクリル マネーブッカーズ)

【英語】Click2Pay(クリック2ペイ)
※営業終了

【英語】entropay(エントロペイ) 

それぞれメリット、デメリットがありますので、
各リンク先でひとつずつ紹介します。

>>>おすすめの入出金方法の選び方はこちらを参照 


CONTACT
Translate