CONTACT

速報!2人目の1億越えジャックポット獲得者!!1人目同じワイルドジャングルカジノのゴールドラリーから!

 

オンラインカジノ ワイルドジャングルカジノのゴールドラリーで超高額ジャックポット1億越え2回目!

2015年3月6日約1億1700万円のジャックポット獲得者が日本人からでました!!
円安の恩恵も受けられる今が最高のチャンスです!!

ワイルドジャングルカジノ登録

史上最高額の日本人ジャックポット獲得者は実はワイルドジャングルカジノから出ています。

しかもワイルドジャングルカジノのゴールドラリーというゲームで2012年2月28日に約1億2700万円のジャックポット獲得者が日本人第1号1億円越えジャックポット獲得者としてでています。

全く同じオンラインカジノのオンラインゲームで1億越えの賞金を日本人が獲得するということになりました!!

出るところから出るんです!!出るときは連続して出るんです!!

今ならマーブル系のスロットマシーンのジャックポットが狙い目ですね!!

ヤマダ電機、ヤマダカジノをオープン!!

 

ヤマダ電機、Web上に「ヤマダカジノ」をオープン_-_メダルをためると……_(マイナビニュース)_-_Yahoo_ニュース

わざわざカジノゲームをしてオークションに参加する権利を得たいという人がどれだけいるか?

ということと、ヤマダ電機側がオークションにどれだけ魅力的な商品を出品できるかで、ヤマダカジノの命運は決まるでしょう。

開発費いくらつっこんでどこを目指しているのかがいまいち掴みにくいサービスですね。

↓オンラインカジノはジャックポットがどんどん出てるここから!↓
カジノ初心者には日本語でわかりやすいワイルドジャングルカジノをおすすめしています。

SNSで成功したKONAMI(コナミ)の次の主戦場

 

KONAMIが平成26年3月期決算短信を発表 連結業績は減収減益に_(ファミ通_com)_-_Yahoo_ニュース 2

KONAMIは営業利益黒字を維持していますが、前年度に比べると50%弱の営業利益減となっているようです。

そんな中営業利益を確保しているのがSNSゲーム。KONAMIはSNSに場を移しても営業利益の確保に成功していますが、SNSゲームに関してはコンプガチャ問題に代表されるように課金システムに問題があり、今後の運営に危機感を抱いているはずです。

KONAMIが平成26年3月期決算短信を発表 連結業績は減収減益に_(ファミ通_com)_-_Yahoo_ニュース

ただ、KONAMIは次期ゲーム開発の主戦場となるであろうカジノ事業でのスロットマシンにも手を出しており、既に利益を確保しています。表立ってはまだ言うタイミングではないというだけで、裏ではカジノ事業での事業拡大を最優先に考えているはずです。

↓オンラインカジノはジャックポットがどんどん出てるここから!↓
カジノ初心者には日本語でわかりやすいワイルドジャングルカジノをおすすめしています。

ブリトニースピアーズのシークレットライブ。ファンでなくても行きたくなる条件。

 

オンライン上のゲームに参加して当選すると、ブリトニースピアーズのコンサートに行けるらしい。

航空費も宿泊費も向こうもちで。

ファンでなくても行きたくなる(笑)

ブリトニースピアーズのラスベガスシークレットライブのキャンペーン情報はこちら>>>

カジノ関連銘柄で判断材料としたい5点

 

カジノ関連銘柄で判断材料となるのは以下の5点です。

分かりやすい言葉で言いなおすと、

1:カジノ解禁法の提出時期までに各企業がどこまで戦略を具体的に提示できるか。

2:過去にカジノの大規模開発を行った企業が有利。

3:資金力があるカジノが強い。

4:ラスベガスサンズとウィンリゾーツが最右翼。

5:IGTはスロットマシンの提供で絡む。

ということです。

ラスベガスサンズ、もしくはウィンリゾーツが最右翼であり、IGTがスロットマシーン提供の段階で絡んでくるというのが大方の予想です。

日本側としては東京五輪までにカジノの完成を進めたいはずで、信用度の高い会社を利用すると考えた方が無難です。

ラスベガスサンズはアメリカ市場に上場している中で最も売上利益が高く、マカオなどの開発を手がけた実績があります。また営業マージンの高さ、経営の安定感からもラスベガスサンズを最有力と見る意見が多いようです。

ウィンリゾーツもまた営業マージンの高さが有利に見られています。続いてメルコクラウン。メルコクラウンは負債が少ないという理由で業績面で信頼を置かれています。

もちろんここに取り上げなかった企業も長所を持っています。しかし、シーザーズやMGMは負債が目立つため、そのリスクを取って誘致をすすめるかというと疑問が残ります。

最後にIGT(インターナショナル・ゲーム・テクノロジー)を紹介します。IGTは世界最大のスロットマシーンメーカーであり、上記にあげたどのカジノ会社に対してもスロットマシーンを提供することができます。

投資先と言う面ではIGTが今回の件に関しては一歩抜きん出ているのではないでしょうか?

 


CONTACT
Translate