s_empirecasino

マカオのカジノ王、スタンレー・ホー氏が引退へ

SJMグループのスタンレー・ホー氏が引退します。

同氏はマカオのカジノ王と呼ばれていた存在であり、マカオの発展にも大きな貢献をしてきた人物です。

SJMはスタンレー・ホー氏の引退により大量の親族が関わる体制へと移行するようです。

SJM内部では派閥争いなどが激化するのではないかという懸念があがっているようですが、
カジノ自体の売り上げに大きく影響することはないでしょう。

VIP顧客へのおもてなしと、今後のカジノブランド力の強化などに注力していくことでしょう。

↓スマホやクレジットカードにも対応しているオンラインカジノはこちら↓

カジノ業界がメディアの実権を握れる程巨大に!!

マカオカジノ王ファミリー香港テレビ局免許入札マカオ新聞

マカオのカジノ王の家族が
香港のテレビ局の免許入札に参加するようです。

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

マカオのカジノ王と言えば、
SJMグループのスタンレー・ホー氏です。
※SJMグループとは中国資本のカジノグループ

今回香港のテレビ局を放映する免許の入札を表明したのは、
スタンレー・ホー氏の娘に当たる、
パンジー・ホー氏。

パンジー・ホー氏は
香港の海運・不動産開発大手シュンタックホールディングス社長、
マカオのカジノIR施設MGMマカオを傘下に持つ
MGMチャイナホールディングス共同会長を務めています。
※MGMチャイナホールディングスの親会社はMGMリゾーツ・インターナショナル(51%の株式保有)
※MGMリゾーツ・インターナショナルとはアメリカ資本の統合型リゾート運営会社

※旧名MGMミラージュがMGMリゾーツ・インターナショナルに社名変更(2010年)
※旧名MGMミラージュはMGMグランデとミラージュ・リゾーツの合併により設立(2000年)

MGMとは「メトロ・ゴールドウィン・メイヤー」のことで
アメリカの巨大マスメディア企業です。

しかしながら現MGMリゾーツ・インターナショナルは
ソニーが主導するコンソーシアム(企業連合)にマスメディア部門を売却しており、
資本上の提携関係はないとされています。

私が怪訝に感じたのが
元を辿ればアメリカ資本である
MGMリゾーツ・インターナショナルのグループ会社の
共同会長を務める人間に

香港政府のメディアを握らせるか?

ということです。

SJMグループ会長の娘にあたるパンジー・ホー氏は
そういった面から見ると、
アメリカと中国に板挟みになっている状態とも言えます。

中国は情報規制・報道規制が行われていることで有名ですが、
放映権を獲得した時には、
香港で24時間のニュース番組を放映したいと明言しています。

このニュースの中身が
中国中央政府からの圧力に屈するようでは意味がありません。

そう考えると、
パンジー・ホー氏の後ろ盾として
アメリカのMGMというマスメディア企業が絡んでくる可能性、
アメリカの意向が強く反映されている可能性もあります。

香港メディアの放送局事業免許を
パンジー・ホー氏が絡んでいる
フォーエバー・トップ・アジア社が狙っているわけですが、
FOREVER TOP (ASIA) LIMITEDは香港企業です。

FOREVER_TOP__ASIA__LIMITED_永升_亞洲_有限公司InformationHongKongCompany香港企業

設立が2015年1月9日と非常に新しいことが気にかかります。

マスメディアを手放した経験のあるMGMグループの意向が
どこまで絡んでいるのかが個人的に興味があります。

まずは入札が公平に行われることを願いたいです。

※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)

※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150422-00000015-cnippou-kr(マカオのカジノ王ファミリー、香港のテレビ局免許に入札へ=ニュース専門局開設目指す、マカオ新聞)、http://jp.wsj.com/layout/set/article/content/view/full/231007(MGMチャイナのIPO、香港証券取引所からいまだに承認得られず、WSJ)、http://www.hkcompany.org/co.php?id=2190128(FOREVER TOP (ASIA) LIMITED、永升(亞洲)有限公司、HONG KONG COMPANY LIST)

ドッグレースのライセンス保有者はマカオのカジノ王スタンレー・ホー氏

月に30頭の犬が殺処分=マカオの動物愛護団体がドッグレース廃止訴える_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

「月に30頭の犬が殺処分」マカオのドッグレース業界ではこのようなことが起きているようです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

これってマカオのドッグレースだけの話として終わらせてはいけないと思うんですね。

日本に置き換えてみるとどうでしょう?

競馬の馬、さらにいえば、野良の犬や猫などはどのようにされているでしょう?

里親を探している動物たち、無責任に捨てられた子達のことを私たちはもっと考えなければいけません。

あと、私が興味をそそられてしまったのがカジノ王スタンレー・ホー氏がドッグレースの運営ライセンスを保持しているという点です。さらにアンジェラ・リョン夫人がドッグレースの擁護に回っており、会長の孫娘フェイエ・ホー
氏が廃止を求める署名活動を行っているという事実があります。フェイエ・ホー氏はマカオの動物愛護団体ANIMA(アニマ)の名誉会長を務めており、その団体が動物愛護を求め、ドッグレース廃止の署名を行っているようです。

身内が絡み、しかも反対の立場にそれぞれが回ると大変です。ただ単に家族の顔色を伺わず、きちんとマカオの将来を考え、スタンレー・ホー氏にはドッグレースの必要性を考え直してもらいたいものです。

※無料プレゼント【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料プレゼント【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150406-00010000-macau-cn

マカオのカジノ王、スタンレー・ホーの有するリスボアの奇妙な形の由来

Yahoo_ニュース_-_東洋のラスベガスに君臨する_カジノの奇妙な造形の由来とは?_(CREA_WEB)

マカオのカジノ王ことスタンレー・ホーはマカオに2つのカジノを所有しています。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

1970年に誕生した老舗カジノホテルの「ホテル・リスボア」と2007年にオープンした「グランド・リスボア」です。

それぞれ奇妙な形をしているのですが、ホテル・リスボアは一旦入った客を外に逃がさない様にと鳥かごの形を模しているのだそうです。一方のグランド・リスボアは蓮の花をかたどったもので風水をもとに設計されたようです。このあたりに中国らしさを感じますね。マカオには行った事がないのですが、行く時には意識して見てみたいと思います。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀で実際に勝ってるやついる?」

記事参考元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141125-10006673-creaweb-life


s_empirecasino