s_empirecasino

解決策→カジノ法成立で暴力団が狙う“裏口参入”

闇金、イカサマ、ジャンケット、違法カジノ、、、

これら違法行為がなぜなくならないか。それはデメリットを上回る大きなメリットがあるからです。

もちろん反社会的勢力のメリットとは”金”です。

これまで色んな論を聞いてきました。

闇金は歴史も古くビジネスモデルが確立されていることから、新規参入企業も後を絶たない事でしょう。
イカサマに関してはディーラーの買収が最も可能性としても高く被害も大きくなるのではないでしょうか。
ジャンケットに関しては信用上のものですので、資格制を導入し国家資格にでもすれば良いと思います。
違法カジノに関しても闇金同様従来からあるビジネスであり、摘発のニュースを見かけるものの違法カジノの噂は後を断ちません。

これまでは闇金に対しては摘発を厳しくすること。
イカサマに関しては契約でガチガチに固めること。
ジャンケットに関しては資格化すること。
違法カジノに関しても摘発を厳しくすること。
これらを提案してきました。

しかしながらここ数年で世の中のお金のあり方、お金に対する考え方が世界規模で変わってきています。
本当に数年前まではコンビニでクレジットカードを使うと店員さんにもいやそうな目で見られました。
ところがたった数年でコンビニでのクレジットカード利用はもちろんのこと接触型カード、非接触型カードが利用できるまでになっています。
お金が信頼の数の等価であるという段階を経て、お金はただの数字と捉える世代が増えてきているのも生活している中で感じる事が多くなっていることかと思います。

私はこれは非常に大きな変化であり、これまでのマネーロンダリングなどといった問題も解決できる大きなムーブメントだと考えています。

なぜならいわゆる”フィアット”と言われる、手で触れて確かめることだけにメリットがある現金を廃止の流れが進んでいます。
現金を世界的に廃止すればどうでしょう?つまり全世界のお金という数値をネット上で全て管理できるようにするわけです。
これが可能になれば全てのお金の流れは可視化され、マネーロンダリングも困難になります。

これは数年前には想像も提唱もできませんでした。
しかしながらポイント経済圏の拡大ならびにカード派の台頭により、より簡単にお金に対する接し方、あり方を変化させる機会が目の前に広がっていると考えます。

もちろん反対派は裏取引をしているような人間達です。
闇金、イカサマ、ジャンケット、違法カジノこれらを根本的に消滅させることができます。
まず警察官と暴力団の関係が切れます。
例えオフラインで会うにも現金が存在しない世の中では賄賂も全てネット上で監視されます。

割と本気で現金をなくせば世の中の多くの犯罪組織は壊滅すると思っています。
その時代に備え、世界は、日本は何をすべきか。

サイバーセキュリティー、セキュリティー、ハッカーの養成をとっくの昔に始めるべきです。
日本政府は冗談なのかなんなのか分かりませんが国防のセキュリティ代表者を年収数千万円程度で募集しているという記事を見ました。
日本は本当にセキュリティへの意識が低いとつくづく思わされました。

司法取引を行い、ハッカー集団を作るべきだと個人的に思います。
現金がなくなった世界ではデジタルの数字が全てですから。

今の日本政府にそれが期待できますか?
ddos攻撃でお手上げでしょうね。

マカオのカジノ通年でゼロ%成長も達成できない予測

マカオカジノ売上低迷2桁マイナス成長

マカオ政府は2015年度予算を組む時にカジノをゼロ%成長と試算しました。

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

2014年当時、
正直私はゼロ%成長でもかなり固い予算案だと思っていました。

しかし、
ジャンケットが手を引き、
富裕層がカジノでのマネーロンダリングができなくなり、
マカオのカジノから足が引いていきました。

実際、
その流れは止まるところを知らず、
売上の低迷が続いています。

そしてアナリスト達の試算では
2桁台のマイナス成長になるとの試算です。

2014年6月から続く
前年同月比割れの売上が
今年3月まで10ヶ月連続で続いています。

私は2015年6月の数字でマカオの力が見えるようになると考えています。

ジャンケットがマカオから撤退し、
富裕層が手を引いた今、
マカオのカジノは存続できるのか?

非常に興味の沸く話題です。

※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)

※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150424-00010001-macau-cn

カンボジアのカジノは今、宣伝費を払って顧客を集めています。

カンボジアのカジノ好調中国富裕層急増

カンボジアのカジノが絶好調です。ちなみに、

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

カンボジアのカジノはカンボジア国民の入場を禁止しています。

カンボジアの首都プノンペンで最大手地場カジノホテル「ナガワールド」を運営する、
ナガコープの2015年1月ー3月カジノ収入が前年同月比48%増加しているそうです。

中国人富裕層がマカオからカンボジアに流入していることが大きな背因にあります。

マカオでは中国政府の中国本土民に対しての目が厳しく、
ジャンケット(カジノ仲介業者)は中国本土の客を
マカオではなく、カンビジアをはじめとする、
近くて行きやすい国に中国人富裕層を連れて行きます。

その結果カンボジアを訪れる中国人富裕層が増えているわけです。
もちろんジャンケットは仲介業者ですからカジノ運営側は、
ジャンケットに手数料を払うこととなります。

皮肉なことにナガコープ全体としては
2014年はカジノ収入が前年比17%増加したものの、
利益が3%減少という結果になったようです。

カンボジアのカジノにとって
今は知名度を高める時期と
捉えているのでしょう。

※無料でプレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※無料でプレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

マカオのカジノの未来とジャンケット業者の未来

マカオのVIPカジノ仲介大手、ベトナム・フーコック島のカジノリゾートへ投資検討_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオでジャンケット業を営む業者達がこぞって

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

マカオの客を他の国のカジノに仲介しようとしていると言われています。

ジャンケット業者が顧客としているのは主にVIP層と言われる中国人富裕層などです。

マカオでこれまでジャンケット業を営んできた、ジャンケット業者の大手、サンシティグループ(太陽城集團)がベトナムのホテル及びカジノへの投資を計画しているそうです。

自らが投資するところに既に持っている顧客を誘致するという流れを作りたいのでしょう。

マカオのカジノおよび、他国のカジノの顧客状況がどのように変わっていくかを注視していきたいと思います。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150317-00010001-macau-cn

マカオのカジノの売り上げ減少が想像以上に悪化か。

マカオの2月カジノ売上、対前年4割減見通し=米金融機関が予測を3350億円に下方修正_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオのカジノの売り上げが前年同月比割れを続ける中で、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

2月のマカオのカジノ売り上げがさらに悪化する見通しであることをアメリカ、シティグループが試算しています。

昨年6月から引き続き8ヶ月連続で前年同月比割れの売り上げ減少を記録しているマカオのカジノ事業。特に昨年2月は過去最高の売上高を達成していたようで減少幅も大きくなると懸念されているようです。

しかしながら、マカオ当局はこれも織り込み済みとしており、中国の旧正月には客足が戻るとの見立てを立てています。

マカオのジャンケットはカンボジアのカジノへの仲介を進めており、どこまで客足が戻るかは不明ではありますが。

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)※無料

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)※無料

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150210-00010003-macau-cn


s_empirecasino