CONTACT

与沢翼氏、カジノで儲けているらしい。

 

与沢翼シンガポール収入カジノ株式投資アフィリエイト出演料企業PR

与沢翼さんと言えば、ネオヒルズ族と言われ、一世を風靡したとも言える人です。

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

その与沢翼さんは現在シンガポールに移住しているようです。

主な収益源はアフィリエイト、企業PR、出演料、株式投資、カジノと言うのです。

カジノも収入源となっているらしいです。

強運の持ち主なんでしょうか?

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

参考記事:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150421-00837913-sspa-soci

シンガポールを成功させたリー・ クアンユー元首相が死去

 

_朝鮮日報日本語版__【社説】リー・クァンユー氏死去を悼む大韓民国_(朝鮮日報日本語版)_-_Yahoo_ニュース

シンガポールは現在誰が見ても発展した国です。東南アジアのマレーシア西海岸の最南端に位置するシンガポール。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

そんなシンガポールがなぜ東南アジアの中で抜きん出て成長することができたのでしょう?その答えは優れたリーダーシップを有する指導者の存在にあり、リー・クアンユー元首相の影響力の強さのおかげです。リー・クアンユー首相は「シンガポール建国の父」とも言われ、絶大な人気を集めていたことも伺い知れます。

シンガポールと言えば、みなさんがご存知のようにカジノがあります。マリーナベイサンズと言えば、誰もが知るカジノホテルです。そんなカジノですが、実はリー・クアンユー元首相は当初反対の姿勢を示していました。

「私の目にほこりが入る前には絶対に許さない」

と述べていたようです。しかしながらシンガポールの成長が頭打ちになってきた2005年、

「変化を続ける世の中で、シンガポールが生き残るのに必要ならやるべきだ」

と、自身の考えを柔軟に変化させ、シンガポールの成長のために意見を変え、シンガポールの舵を切った人でもあります。

経済面での発展に大きく寄与した人物であるとともに、集会・結社・言論の自由といった面は制限してきた人物だそうです。それでも評価される人間。国のためにという姿勢が国民に伝わっていたからではないかと私は思います。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150324-00001041-chosun-kr

カイジの作者、福本伸行氏と行くシンガポールのカジノ

 

(ニュースの扉)福本伸行さんと行くシンガポールのカジノ 弱さ受け入れる修行の場_(朝日新聞デジタル)_-_Yahoo_ニュース

メディアがネット上での稼ぎ方をつかむきっかけとなる記事でしょう。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

これまでのものと何が違うかというと「ある(ここではカジノ)問題に対して感心をしめしている読者層がファンである専門家もしくは評論家(福本伸行)」を起用している点です。

ニーズに応えただけなんですが。

(ニュースの扉)福本伸行さんと行くシンガポールのカジノ 弱さ受け入れる修行の場_(朝日新聞デジタル)_-_Yahoo_ニュース 2

これならお金払ってでも読みたいですものね。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150316-00000014-asahik-soci

カジノに関して何も知識がない方は是非ご一読を!私も買って読みたいと思います!

 

【書評】日本のカジノ解禁を前に新たな観光の可能性探る一冊_(NEWS_ポストセブン)_-_Yahoo_ニュース

日本にカジノができるかもしれないということは流石に全国民が存じていることだと思いますが、

実際にはイメージしかなく、その実態をきちんと把握できている人間は私も含めほとんどがそうでしょう。

近隣諸国ではシンガポールのカジノが成功し、韓国、フィリピンなどといった国もカジノが有力な観光資源となっています。

しかしながらカジノはギャンブル(賭博)であり、メリットだけではなく、世界各国の歴史や現状、デメリットなどをきちんと把握しておく必要があります。

さらに、

カジノが認められていない日本において、宝くじ、競馬、競輪、オートレース、競艇、サッカーくじ等がなぜ認められているかについても、わかりやすく論じられている。

ということで、ギャンブルというもののメリット、デメリット、存在や仕組みを知るのにもいい本だと思います。『カジノミクス』(小学館新書)/778円、徳江順一郎(東洋大学 国際地域学部准教授)

さらに日本でカジノ反対側が主張し続けているギャンブル依存症に対する対策がほとんどなされてこなかったこと、世界のギャンブル依存症者への取り組みに関しても触れられているようです。この本を読むことで、最低限の知識以上のものを得られるのではないでしょうか?

漫画にしてもらえれば個人的にはありがたかったのですが。笑

シンガポールのカジノの成功の秘密はみんなが知っている。それをホリエモンが発言しただけでメディアが取り上げる。この状況をどう受け入れるか。

 

ホリエモン「シンガポールの成功の秘密は一党独裁!?」〈週刊朝日〉_(dot_)_-_Yahoo_ニュース

シンガポールの成功の秘密は一党独裁にあるとホリエモンが指摘していることで注目を集めているようですが、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

発言者によって問題の捉えられ方が大きく異なるのは非常に興味深いと私は感じています。

シンガポールのカジノが成功したのは後発組の彼らが自国民のカジノ入場を規制しながらも許可し、統合型カジノリゾートとしてカジノの建設を進めてきたことだと知っているからです。

カジノに興味がある人間、世界経済に興味がある人間には既知のことでも、ホリエモンが発言することで脚光を再度浴びるわけです。そしてそこに対して反対意見や賛成意見があわさってくるわけです。

発言力、目立てる力を持てなければ結局はフォロワーのままなわけですね。自身の発言がメディアに捉えられるなど、そういった立場に立ちたければ、一般人は自分の意見を本音で言うしかないわけです。私のサイトもそうですね。私の意見を本音で言っているだけです。それでも読んでくれる人がいる。それだけでもありがたいことです。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150216-00000006-sasahi-bus_all


CONTACT
Translate