ビットコインオンラインカジノ

カジノで認可するゲームを決める前にすべきこと。

日本にカジノを作る際に、既存のカジノの枠組みを超える所をどこまで許容していくか?という議論は大いに価値があると思います。

ですが、日本でカジノを創設するにあたって既に他国で人気を博しているゲームを認可するかどうかという議論が起こっているようです。

例えばポーカーやスポーツベッティングですが、これらは日本のカジノでは認められない可能性があるとのことです。

ポーカーに関しては麻雀や将棋、囲碁などと同じくくりとされているようです。「顧客同士の勝負は公平性を担保できない(※ポーカーは集客の観点から議論の余地あり)」ということが理由だそうです。

しかしながら、ポーカーは世界的な大会が行われているなど世界中で人気があるためポーカーの可否に関しては今後議論を行っていくようです。

スポーツ競技への賭けや競馬、競輪に関してはスポーツベッティングという枠組みに当てはめてしまえば良いと個人的に思います。日本で言えばサッカーのTOTOを始め、競馬、競輪、ボートなどは場外券売所もあるわけですので、足並みを揃えてルールを明確に定めなおせば良いと思います。

もちろんパチンコの議論についても忘れてはいけません。

むしろグレーゾーンで既に荒稼ぎし続けているパチンコに関する議論をやり尽くさなければ他のギャンブルの法的ルールを定めることは困難でしょう。

正直な所、カジノの議論を進めながら、より突っ込んだ議論をパチンコに関して行ってもらいたいと思います。
↓スマホやbitcoinにも対応しているオンラインカジノはこちら↓

認知症予防にギャンブルが脚光を浴びるか?

認知症予防はギャンブルで? 日本で進む取り組み_(CNN_co_jp)_-_Yahoo_ニュース

認知症予防にギャンブルが役立てられるかもしれません。

既に老人ホームやデイケアセンターなどでは
ギャンブルをレクリエーションに取り入れているところがあります。

脳が刺激され、コミュニケーションも取れるため、
高齢者にとっても楽しみの一つとなっているようです。

2015年には兵庫県で高齢者向けに
ギャンブルを提供することを禁じる条例が可決されましたが、
それとは逆を行く形になります。

個人的には高齢者にギャンブルを提供することには大いに賛成です。
その理由は高齢者にとって良いと思うからです。

「ギャンブル」というと頭から否定する人たちがいることもわかりますが、
高齢者の立場にたって考えることも必要なのではないでしょうか?

私は高齢者にギャンブル、ゲームを提供する場所が増えることをねがいます。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:認知症予防はギャンブルで? 日本で進む取り組み(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151231-35075649-cnn-int、CNN.co.jp)

マレーシアのカジノの写真をこっそり撮らせてもらえました♪

マレーシアカジノ写真

カジノはご存知の様にカジノ内の撮影を禁止しています。しかし、

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

マレーシアは国民柄非常に人当たりがいいです。

特に接客マナーが徹底している場所ほど人当たりがいいです。

もちろん日本人に対しても親切です。

カジノのない日本から来たから
写真をどうしても撮らせて欲しいと頼むと、
何人かのサービスマンは写真を撮らせてくれました。

マレーシアカジノ写真gentingcasino

私が泊まったホテルに併設されている、
GENTINGCASINOはテーブルが豊富にあります。

マレーシアカジノ雰囲気写真

ディーラーのいるテーブルはブラックジャックやルーレット、
大小やテキサスホールデムポーカーなどがあります。

しかし、2015年3月はバカラがありませんでした。

マレーシアカジノ大小

大小とルーレットに関しては、
ディーラーとテーブルで行うゲーム以外にも、
大型の液晶画面でベッティングできるデジタルゲームもありました。
何もしたいものがない時は眺めておくのもいいかもしれません。

※お得情報※

マレーシアカジノ写真メンバーカード

※カジノ内、インフォメーションでCASINOの顔写真つきの会員カードを一番に作りましょう。飲食時にカードの提示で会員価格でご飯を食べれます。

※「ゲンティンカジノ」で会員カードを作ると、「ファーストワールドホテル」一泊分のクーポンをもらうことができます。

※ドレスコードがあります。襟付きシャツ、ロングパンツ、靴を持って行きましょう。

※地元の人間に対してドレスコード非常に緩いですが、外国人はきちんとしていないと入れてくれません。

※パスポート提携必須です。

※タバコの煙、臭いがすさまじいです。臭いがついてもいい服装で行くこと、時々外に空気を吸いに行くことをおすすめします。

カジノに挑戦本音でガイド

※ガイドブック情報を修正
1:スロットマシーンは1senから遊べるものがありました。
(100sen=1MR)
2:週末の夜に行きましたが、満卓になっているのは複数あるルーレットのテーブルの内の一台だけでした。
3:日本人は一人も見かけませんでした。
4:なるべくコインロッカーよりも部屋に荷物を置いて行きましょう。

※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)

※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

「ブレイブリーセカンド」利用者は、特別ダウンロードコードの取得を!

週刊ファミ通ブレイブリーセカンドオリジナル武器DLC付録つき発売記念特集

4月23日の週刊ファミ通の記事です。少し遅いですが、

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

ゴールデンウィーク期間中はゲームをする人が多いと思いますので、この記事紹介しておきます。

ブレイブリーセカンドで利用できる特別ダウンロードコードされるようです。

週刊ファミ通ですが、
5月7日、14日、21日合併号とのこと。

月刊じゃん・・・笑

※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)

※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150423-00000027-famitsu-game

ゲームのあり方が問われる時代に

モンスト、ツムツム、艦これがアーケードゲームに

幕張メッセで開催された「ジャパンアミューズメントエキスポ2015」で、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

ミクシィのモンスト、LINEのディズニーツムツム、DMM.comの艦これがアーケードゲーム機として展示されていたようです。

ミクシィのモンストはコナミデジタルエンタテインメントが「モンスターストライク MULTI BURST」として。

LINEのディズニーツムツムもコナミデジタルエンタテインメントが「ディズニーツムツム」として。

DMM.comの艦これはセガが「艦これアーケード」として出展していたようです。

携帯アプリやネットゲームで流行ったものがアーケードゲームになるって時代性を感じます。

アプリ(モンスト、ツムツム)やネットゲーム(艦これ)と言うのは匿名性の高い世界であって、だからこそマニアが存在できる世界とも言えるわけです。

しかし、それがアーケードの世界で刷新されてより開けた市場に出てくるわけです。

少し前で言えば、アプリゲームのパズドラが任天堂DSかなんかで出ていました。

しかし元は大人が課金して遊ぶゲーム。

しまも課金するような大人が遊ぶゲームを子供用ゲーム機に持ってきたため、そこまで売れなかったと思います。

あれを子供に買い与えたいという親はあまりいないでしょう。

子供が欲しがるならそれはそれでいいと思いますが。

今度はまた少し違った潮流を作ろうとしています。

アプリをアーケードへ。

個人的にはアーケードもアプリ、ネットゲームより開かれているとはいえ、やはりオタクやマニアが集まれる場所、子供と一緒にゲームを楽しみに行くことができる場所だと思っています。

アーケード(ゲームセンター)とは、THE「課金する場所」

ですから。

ガンダムなどのように個人で遊べるブースができるのかもしれませんし、麻雀ゲームなどのように個々人に台を使えるようにするのかもしれません。

ここらへんはツムツムなどがより柔軟に対応できると個人的には思います。

音ゲーに発展させていくことでよりジャンルも広げていくことができるでしょう。

ゲーム業界全体を見れば、任天堂がかなり苦しいという背景があります。

DeNAと任天堂が資本提携したというのですからびっくりです。

アプリを任天堂の家庭用ゲーム機に持ってきたいのかもしれませんが、DeNAと提携と言うのはやはりずれてる感じがします。

任天堂はまだまだ苦しむことになるのではないでしょうか?

その辺りから、任天堂の社員さんの声を上の人間が聞ける環境にあるかどうかが分かりますね。

今後アプリからアーケードの流れを。

という、新しい試み。

個人的には非常に楽しみです。

しかしながらこういった面でもカジノゲームと言うものは非常に相性がいいと思います。

アプリやネットゲームで流行らせて、ゲームセンターや家ゲーに持ち込む。

もしくはゲームセンターや家ゲーで流行らせて、アプリやネットゲームに互換性を持たせることだって可能です。

Androidアプリの「東京カジノプロジェクト(コロプラ)」なんかアーケードゲームとしても家ゲーとしても、ネットゲームとしても展開できると私は思います。

アーケードゲームなら自尊心を満たすことができます。

家ゲーならシムシティのような楽しみ方もできますし、かつてのアメーバピグを拡張させたオンラインでのやり取りも組み込むことができます。

ネットゲームならより簡単にこれらのことができます。

いずれにせよ、ゲームのあり方が問われる時代になっています。

そしてエンターテイメント(アミューズメント)のあり方が問われる時代になっています。

より臨場感を持たせてリアルにリアルに。

純粋に楽しみですね〜!

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

参考記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00000502-fsi-bus_all


ビットコインオンラインカジノ