s_empirecasino

マカオのカジノ王、スタンレー・ホー氏が引退へ

SJMグループのスタンレー・ホー氏が引退します。

同氏はマカオのカジノ王と呼ばれていた存在であり、マカオの発展にも大きな貢献をしてきた人物です。

SJMはスタンレー・ホー氏の引退により大量の親族が関わる体制へと移行するようです。

SJM内部では派閥争いなどが激化するのではないかという懸念があがっているようですが、
カジノ自体の売り上げに大きく影響することはないでしょう。

VIP顧客へのおもてなしと、今後のカジノブランド力の強化などに注力していくことでしょう。

↓スマホやクレジットカードにも対応しているオンラインカジノはこちら↓

ドッグレースのライセンス保有者はマカオのカジノ王スタンレー・ホー氏

月に30頭の犬が殺処分=マカオの動物愛護団体がドッグレース廃止訴える_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

「月に30頭の犬が殺処分」マカオのドッグレース業界ではこのようなことが起きているようです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

これってマカオのドッグレースだけの話として終わらせてはいけないと思うんですね。

日本に置き換えてみるとどうでしょう?

競馬の馬、さらにいえば、野良の犬や猫などはどのようにされているでしょう?

里親を探している動物たち、無責任に捨てられた子達のことを私たちはもっと考えなければいけません。

あと、私が興味をそそられてしまったのがカジノ王スタンレー・ホー氏がドッグレースの運営ライセンスを保持しているという点です。さらにアンジェラ・リョン夫人がドッグレースの擁護に回っており、会長の孫娘フェイエ・ホー
氏が廃止を求める署名活動を行っているという事実があります。フェイエ・ホー氏はマカオの動物愛護団体ANIMA(アニマ)の名誉会長を務めており、その団体が動物愛護を求め、ドッグレース廃止の署名を行っているようです。

身内が絡み、しかも反対の立場にそれぞれが回ると大変です。ただ単に家族の顔色を伺わず、きちんとマカオの将来を考え、スタンレー・ホー氏にはドッグレースの必要性を考え直してもらいたいものです。

※無料プレゼント【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料プレゼント【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150406-00010000-macau-cn

マカオの南灣湖畔で開発計画中の複合施設「ハーバーマイル(南灣海岸)」の用地購入完了時期を2016年12月末日まで先送り。

Yahoo_ニュース_-_マカオの複合施設「ハーバーマイル」開発計画延期へ=2年先送り_(マカオ新聞)

ハーバーマイルの開発に着手する予定の香港のシュンタックホールディングスが2016年末までに土地の購入を完了すると土地購入完了時期を遅らせることを発表しました。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

経済状況とは関係なく、マカオ当局の申請許可が降りていないことが原因とのこと。

Yahoo_ニュース_-_マカオの複合施設「ハーバーマイル」開発計画延期へ=2年先送り_(マカオ新聞) 2

シュンタックホールディングスは、マカオのカジノ王と呼ばれるスタンレー・ホー氏が会長を務める会社で、新規に開発を検討している「ハーバーマイル」はマカオタワーとワンセントラルの中間の位置に建設が予定されているようです。位置的にも非常にシュンタックホールディングスにとって価値のある位置で、マカオ当局の申請許可が降りるのを待つことでしょう。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150103-00010000-macau-cn

カジノ出入り禁止のベンアフレックがカジノ王に!?

ディカプリオ製作のギャンブル映画が公開決定!ベン・アフレックがカジノ王に_(映画_com)_-_Yahoo_ニュース

オンラインカジノでの詐欺行為を発端として、カジノ王の手下となった人間が、FBIに追われることとなるというストーリーだそうですが、

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで無料プレイ♪↓

オンラインカジノというものが発端となっている所に現代社会へのアンチテーゼが除き見えます。

ちょっと前にSNS社会に対するアンチテーゼものが話題を集めましたが、現在の全てがオンラインで済ませてしまえる社会に対する問題意識がこの作品のテーマとして底辺に流れていると思います。

主演はベンアフレック。ベンアフレックと言えば、実際のランドカジノ(オンラインカジノでない)のブラックジャックでカードカウンティングが出来るという多才な人間。オンラインカジノではなく、ランドカジノで出入り禁止を食らう程の腕の持ち主です。そのベンアフレックをカジノ王に起用したところにも映画制作者である、ディカプリオの意図が見えます。個人的に非常に楽しみな作品です。

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで無料プレイ♪↓

朝日新聞は日本経済の成長に水をさしたくて仕方がないんでしょうね。カジノ王へのインタビュー記事を読んだ感想。

世界のカジノ王が本誌に逆取材「安倍さんの評価は?」〈週刊朝日〉_(dot_)_-_Yahoo_ニュース

左翼新聞と酷評されることの多い朝日新聞が世界のカジノ王に安倍首相の評判を尋ねた結果、

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで無料プレイ♪↓

記者が「改革はあまり期待できないが、カジノ解禁については歴代政権の中では、最も積極的だ」と説明すると、大きくうなずいた。

とのことです。相手がカジノ業者だからいいものの、改革はあまり期待できないなんて言い方はやめて欲しいですね。なんで日本経済の発展に水をさす様なことをあえて言うのか、必要性がありませんよね。

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで無料プレイ♪↓


s_empirecasino