ビットコインオンラインカジノ

カジノ法案閣議決定も国会の空転により成立は微妙な状況

カジノ法案が閣議決定されました。

しかし今国会での法案成立は微妙な状況とのこと。

国会は森友、加計問題や文書捏造問題における責任追及、セクハラ問題などを理由に野党が審議拒否を続けています。世界に目を向ければ、貿易問題やシリア問題、北朝鮮、難民問題などを優先すべきですが、日本では国会の空転により、時間を無駄に費やしているように見えます。

個人的な意見としては現状と未来の問題は別として考え、建設的な話し合いをすすめてもらいたいものです。

これまでにも議員の力によって個人的にゆかりのある地域を優先するようなことは散々行われてきています。文書捏造やセクハラ問題なども現在始まったことではないことは明らかです。確かに今後も同じことが起こることも容易に想定できます。それであれば政治の在り方や、ルール作りを進めていくべきでしょう。

貿易問題を始め、世界がめまぐるしく変わる中でこのような国会の現状は目に余るものがあります。

カジノ法案に関しても何十年も税金をもらって仕事をしている国会議員たちによって議論は行われてきています。色々な会に属して無風で何十年も時間と金を無駄に費やしてきているわけです。今の国会は与党の上げ足取りに夢中です。解散風を野党からちらつかせ、実際に解散が現実味を帯びてくると審議拒否。野党は一体何がしたいのか理解に苦しみます。

しかしながら、国の行く末を決めていけるのは国会議員です。その国会議員は世界に目を向けて、国際競争力を高めて行くことが第一なのではないでしょうか。それにあわせて国内のルールを見直していくなどの仕事をすべきだと考えます。

カジノ法案も成立しないことにはカジノ建設地の剪定も進みません。横浜市などのように積極的に誘致を進めてきた都市も市民の考えの変化もあり、誘致合戦から離れていく動きを見せています。カジノ法案に興味がある一個人としてもこのように思います。

国会には議題も消化されないまま後回しにされていることも多々あることでしょう。ニュースを見ていても飽き飽きしている視聴者の方が多数いるだろうなと感じますし、まぁしっかりとなすべきことをした上で批判もするべきでしょう。国会議員の仕事は国会に出席し、きちんと議論を進めていくことだと思っていましたが、現在の国会議員の姿を見ていると何が仕事なのかわからなくなります。

今日ニュースでカジノ法案に関するニュースを見ました。

今日たまたまなんですがニュースでカジノ法案に関するニュースを見ました。

IRに関する会議が8月下旬まで全国を回って行われるそうです。

 

会議の内容はというと国側からのIRに関する説明と、質疑応答があったようです。

質疑応答は賛成・批判両方の意見を取り入れて、、、などと説明されていましたが、そこで声をあげても何も拾われることはないだろうな〜という空気感が漂っていました。

先日の記事で触れた、カジノで扱われるゲームに関してですが、やはり偶然性によるものを採用していく方針は強いようです。しかし、それは完全に博打ですよね。サッカーなどのスポーツ博打やポーカーなどを積極的に取り入れていったほうが様々な層から支持されると思うんですが、違うのでしょうか。
↓スマホやbitcoinにも対応しているオンラインカジノはこちら↓

カジノ法案成立していたんですか?

カジノ法案は2016年末に成立していたんですね。それすら知りませんでした。国会に法案を提出するする詐欺をまだやっているのかと思っていました。ですが、しっかりと国会に法案を提出し、カジノ法案成立にまでこぎづけていたようです。

カジノ候補地として大阪、横浜が有力候補として数年前からささやかれていましたが、横浜には地元の有力者からノーがでているようです。

 

もう一つ、以前からカジノ候補地として声をあげている大阪は少し余裕がある発言をしています。記事内を読むと愛知県や和歌山県なども候補地として声をあげているようです。

何を基準としてカジノ建設地を選ぶのか、その選択基準は不透明ですが、なるべく早い段階に1つ目のカジノを作り、テストを重ねながらより魅力的なカジノやIR施設を作り上げていってもらいたいと思います。

↓bitcoin対応オンラインカジノ「ベラジョンカジノ」↓

カジノ法案の進み具合をちょっと確認してみた。

先日パチンコなどの遊戯台からのペイアウト率に新しく規制が設けられるというニュースを見ました。

これもきっとカジノ法案を整備していくにあたって、手を打っていっているのだろうなぁとかふわふわ考えたのを覚えています。

 

昨今のカジノ法案ニュースをざーっと追ってみたのですが、何も進んでいませんね。

2015年辺りまでカジノに関するニュースを必死に追っていたのですが、その時も「カジノ法案成立詐欺」のような形で国会が開かれるたびに「今回こそはカジノ法案を国会に提出させる!」みたいなニュースが流れていました。

現在は間接的にではありますがパチンコのペイアウトに上限規制が設けられることとなりました。カジノ法案が現在どういった形で進んでいて、カジノ自体が本当に2020年の東京オリンピックに開催に合わせて作ることができるのか?という本題をもう少し詳しく調べなおしてみたいと思います。

現実的には、法案提出、可決、それから着工などとなると2020年東京オリンピックにあわせたカジノ開業は非現実的かと思われます。

↓bitcoin対応オンラインカジノ「ベラジョンカジノ」↓

カジノが日本にできるのはいつになるのか?

カジノ法、通常国会での成立見送りへ 政府・自民、公明に配慮_(北海道新聞)_-_Yahoo_ニュース

東京オリンピックにあわせた開業が期待されていたカジノですが、
カジノ法案の成立を今国会でも見送る方針となったようです。

これにより期限目標がなくなり、
また安倍内閣の下でのカジノ推進が難しくなったということが言えます。

カジノ法案に関しては国会での審議が進まず、
このまま先送りにされていく可能性があります。

日本の将来にとってカジノが必要であるのならば、
継続的に審議を重ねていく必要があると思うのですが。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:カジノ法、通常国会での成立見送りへ 政府・自民、公明に配慮(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00010002-doshin-pol、北海道新聞)


ビットコインオンラインカジノ