s_empirecasino

「カジノ幻想」の著者は「カジノ反対派」です。

カジノ幻想鳥畑与一静岡大学教授内田樹思想家神戸女学院大学名誉教授

「カジノ幻想」の著者鳥畑与一静岡大学教授はカジノ反対派です。

参考記事:BS日本テレビの「深層NEWS」にて鳥畑与一静岡大学教授と中村隆夫弁護士がカジノ法案に関して議論したようです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

本を読むときはその人の背景を知った上で読みましょう。

著者の背景を知らずに本を読む行為は大変危険です。

本に限らず、コンテンツの製作者の意図は自分の価値観を相手に洗脳させることです。

ルポですらそうです。ルポを書いた人の意見が、感情が入り込みます。

静岡大学教授の鳥畑与一教授から「カジノ幻想」という本が出版されました。

神戸女学院名誉教授の内田樹氏が帯の推薦文を書いています。

鳥畑与一教授は参考記事でも紹介しているように原発反対、カジノ反対と言った保守派の人間です。

内田樹氏は思想家で一般人とはことなるレベルで物事を語れます。お金に困っていないからです。

しかし、鳥畑与一氏に限って言うと、普通大学教授と言うのは本を書く人間は少ないです。しかも「カジノ」と言うタイムリーな話題に対して本を出せるということは、その専門分野である可能性が高いわけです。

しかしながら、鳥畑与一氏は人文社会科学部経済学科と言う、良く分からないところの教授です。カジノが専門分野でないことは明らかでしょう。専門分野でない分野の本を出せるということはかなり暇なんです。

暇なんで原発再稼働反対やカジノ反対などと言った未来に逆行するような意見を述べることで注目を集めたいわけです。

本やメディアの情報に触れるときは製作者のことを少し調べてから触れるといいですよ!

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150411-00000008-mycomj-life

カジノに関して何も知識がない方は是非ご一読を!私も買って読みたいと思います!

【書評】日本のカジノ解禁を前に新たな観光の可能性探る一冊_(NEWS_ポストセブン)_-_Yahoo_ニュース

日本にカジノができるかもしれないということは流石に全国民が存じていることだと思いますが、

実際にはイメージしかなく、その実態をきちんと把握できている人間は私も含めほとんどがそうでしょう。

近隣諸国ではシンガポールのカジノが成功し、韓国、フィリピンなどといった国もカジノが有力な観光資源となっています。

しかしながらカジノはギャンブル(賭博)であり、メリットだけではなく、世界各国の歴史や現状、デメリットなどをきちんと把握しておく必要があります。

さらに、

カジノが認められていない日本において、宝くじ、競馬、競輪、オートレース、競艇、サッカーくじ等がなぜ認められているかについても、わかりやすく論じられている。

ということで、ギャンブルというもののメリット、デメリット、存在や仕組みを知るのにもいい本だと思います。『カジノミクス』(小学館新書)/778円、徳江順一郎(東洋大学 国際地域学部准教授)

さらに日本でカジノ反対側が主張し続けているギャンブル依存症に対する対策がほとんどなされてこなかったこと、世界のギャンブル依存症者への取り組みに関しても触れられているようです。この本を読むことで、最低限の知識以上のものを得られるのではないでしょうか?

漫画にしてもらえれば個人的にはありがたかったのですが。笑

「パチンコなんかと比べて欲しくない」というのがカジノ業者の本音ではないでしょうか。

米MGM「パチンコと違う…カジノ、IRで雇用1万人」 大阪で運営意欲_(産経新聞)_-_Yahoo_ニュース

赤枠で囲んだ部分「日本ではカジノへの拒否反応は強い」これってマスメディアが吹聴しているだけですよね?

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで無料プレイ♪↓

私の周りではカジノ反対派なんて1人もいませんよ。反対にカジノ創設となった時に雇用が生まれることを期待する声やカジノに行ってみたいって声しかありません。ちなみに大阪にJack&Queenというカジノレストランがオープンしましたが周りで行こういこうという話題がでました。まぁ疑似カジノであってもそれくらい人を惹き付ける魅力があるのがカジノの危なさと言われればそうかもしれません。

ですが、カジノレストランにしてもイベントごととして行くわけで、言ってみればギャンブルをしにいくより、テーマパークに行く気分に近いですよね。「日本ではカジノへの拒否反応は強い」この発言はどこから起因した発言かは分かりませんが、私は決して国民がカジノに対して拒否反応を抱いているとは思いません。

パチンコとか無法地帯状態なのに慣れてしまってなんとも思わない人間の方がどうかと思いますけどね。

米MGMの言うように、カジノ側としてはパチンコと一緒にしてもらいたくないと思います。パチンコはグレーな状態で操業されている業種でカジノはきちんと法整備を行い、そのルールの上でカジノを作るのですから「パチンコなんかと比べて欲しくない」というのがカジノ業者の本音ではないでしょうか。

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで無料プレイ♪↓

政治家って何で飯食ってんの?「週間金曜日」ってなに?(笑)

アベノミクスで賭博を礼賛?カジノ解禁推進法案の廃案を

何「週間金曜日」って(笑)

↓オンラインカジノはジャックポットがどんどん出てるここから!↓
カジノ初心者には日本語でわかりやすいワイルドジャングルカジノをおすすめしています。

週刊金曜日公式サイト

とりあえず今の与党と政策に反対しとけって人達の集まりです。共産党とか社民党が存在し続けている意味がわかんない。

資本主義経済の中で反対派に回るのはいいですけど、彼らは「反対案」は出してこれないんですよね。

いや〜まじ政治家って何で飯食ってるんでしょうね。

↓オンラインカジノはジャックポットがどんどん出てるここから!↓
カジノ初心者には日本語でわかりやすいワイルドジャングルカジノをおすすめしています。

カジノ反対派の世界経済に対する根本的解釈の間違い

どうなる? 日本のカジノ――“役者”はそろった_(Business_Media_誠)_-_Yahoo_ニュース

カジノ実現が既成事実化されつつある今、カジノ反対派の意見も届くようになってきました。問題点とされるのは「ギャンブル中毒者の増加」です。

「カジノが出来ればギャンブル中毒者が増えるだろう」と言う話です。結果的に増えるでしょうね。

「海外資本の企業が入ってきたら無駄な消費が起こるからやめとけ」って言ってんのと似たような話ですよね。

「日本にないものを日本に持ってくる、そして他国を見ればこういう結果が起きてる。」と言い換えてみましょう。

「日本にないカジノを日本に持ってきたら、韓国のようにギャンブル中毒者が増える。」ってことですね。

「じゃあギャンブル中毒者の受け皿やギャンブル中毒にならないための教育をすれば?」って答えでいいと思うんです。

別に日本は伝統の技なりなんなりあるから生きていけると思いますよ。でも生きていけると世界経済の中で成長していけるかは別なわけなんですよね。資本主義という考えが未だに頭で理解したくないでいるから共産党なり社民党なりが頑張ってるんですけど、日本は間違いなく資本主義国なわけですよね。だから論点がおかしいんですよ。

経済成長のためにできることの1つとしてカジノの実現があるわけです。だからその経済成長を支える基盤や受け皿を平等に作りましょうよって話ならわかりますけどね。

いかんせん資本主義経済のもと世界経済はなりたっているんだってことを認識して欲しいものです。

↓カジノを良く知るためには、ルールを守ってまずはオンラインカジノから!↓
カジノ初心者には日本語でわかりやすいワイルドジャングルカジノをおすすめしています。


s_empirecasino