s_empirecasino

私はこういった介護施設のあり方に賛成です。

カジノやパチンコを提供する介護施設、あなたは賛成?_反対?_(Mocosuku_Woman)_-_Yahoo_ニュース

カジノやパチンコを提供する介護施設が賛否両論を挙げられています。

具体的にいうとカジノゲーム、パチンコ、麻雀などを
高齢者に提供することに疑問の声があがっているようです。

主な意見としては、
ギャンブル依存症につながる

さらに、

カジノやパチンコを提供する介護施設、あなたは賛成?_反対?_(Mocosuku_Woman)_-_Yahoo_ニュース 2

保険料と税金の使われ方としてどうなのか?
という主張もあるようです。

個人的に保険料は高すぎると思っていますし、
税金も高すぎると思っています。

つまり、取られすぎている。
取られすぎていると感じるのは、
我々が払っている保険料なり、税金に対する
見返りが分からないからだと私は思います。

では、お年寄りに対して娯楽として
カジノゲームやパチンコを提供するのは
ありかなしかと言われれば私はありだと答えます。

それは分かりやすい形で国民に還元されていることが分かるからです。

しかもお年寄り世代のおかげで私たちの社会は成り立っているからです。
今の世の中の全てに満足しているわけではありませんが、
多くの恩恵を受け、私たちは便利に日常を送ることができています。
それは全て先人たちのおかげです。

客観的な主張として、
お年寄り達が求めていることというのは、
コミュニケーションができる場でしょう。

そのためのツールとして
麻雀やカジノゲーム、パチンコがあっても私はいいと思います。

民間企業が絡む事業のことに口を出す前に、
自分たちの給料なり、人員削減をした方が
よほど国民の理解を得られるのではないでしょうか?
天下り先を潰すとか。

標的にしやすいところを標的にしている。

単にそういう風にしか見えませんけどね。

関東、東海地区ではまだこれらのサービスが提供されているようですが、
兵庫県は県をあげて、お年寄りの楽しみを潰しました。
今後どういった形へ話がまとまっていくのかに注目です。

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:カジノやパチンコを提供する介護施設、あなたは賛成? 反対?(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151031-00010005-mocosuku-life、Mocosuku Woman)

ゲームのあり方が問われる時代に

モンスト、ツムツム、艦これがアーケードゲームに

幕張メッセで開催された「ジャパンアミューズメントエキスポ2015」で、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

ミクシィのモンスト、LINEのディズニーツムツム、DMM.comの艦これがアーケードゲーム機として展示されていたようです。

ミクシィのモンストはコナミデジタルエンタテインメントが「モンスターストライク MULTI BURST」として。

LINEのディズニーツムツムもコナミデジタルエンタテインメントが「ディズニーツムツム」として。

DMM.comの艦これはセガが「艦これアーケード」として出展していたようです。

携帯アプリやネットゲームで流行ったものがアーケードゲームになるって時代性を感じます。

アプリ(モンスト、ツムツム)やネットゲーム(艦これ)と言うのは匿名性の高い世界であって、だからこそマニアが存在できる世界とも言えるわけです。

しかし、それがアーケードの世界で刷新されてより開けた市場に出てくるわけです。

少し前で言えば、アプリゲームのパズドラが任天堂DSかなんかで出ていました。

しかし元は大人が課金して遊ぶゲーム。

しまも課金するような大人が遊ぶゲームを子供用ゲーム機に持ってきたため、そこまで売れなかったと思います。

あれを子供に買い与えたいという親はあまりいないでしょう。

子供が欲しがるならそれはそれでいいと思いますが。

今度はまた少し違った潮流を作ろうとしています。

アプリをアーケードへ。

個人的にはアーケードもアプリ、ネットゲームより開かれているとはいえ、やはりオタクやマニアが集まれる場所、子供と一緒にゲームを楽しみに行くことができる場所だと思っています。

アーケード(ゲームセンター)とは、THE「課金する場所」

ですから。

ガンダムなどのように個人で遊べるブースができるのかもしれませんし、麻雀ゲームなどのように個々人に台を使えるようにするのかもしれません。

ここらへんはツムツムなどがより柔軟に対応できると個人的には思います。

音ゲーに発展させていくことでよりジャンルも広げていくことができるでしょう。

ゲーム業界全体を見れば、任天堂がかなり苦しいという背景があります。

DeNAと任天堂が資本提携したというのですからびっくりです。

アプリを任天堂の家庭用ゲーム機に持ってきたいのかもしれませんが、DeNAと提携と言うのはやはりずれてる感じがします。

任天堂はまだまだ苦しむことになるのではないでしょうか?

その辺りから、任天堂の社員さんの声を上の人間が聞ける環境にあるかどうかが分かりますね。

今後アプリからアーケードの流れを。

という、新しい試み。

個人的には非常に楽しみです。

しかしながらこういった面でもカジノゲームと言うものは非常に相性がいいと思います。

アプリやネットゲームで流行らせて、ゲームセンターや家ゲーに持ち込む。

もしくはゲームセンターや家ゲーで流行らせて、アプリやネットゲームに互換性を持たせることだって可能です。

Androidアプリの「東京カジノプロジェクト(コロプラ)」なんかアーケードゲームとしても家ゲーとしても、ネットゲームとしても展開できると私は思います。

アーケードゲームなら自尊心を満たすことができます。

家ゲーならシムシティのような楽しみ方もできますし、かつてのアメーバピグを拡張させたオンラインでのやり取りも組み込むことができます。

ネットゲームならより簡単にこれらのことができます。

いずれにせよ、ゲームのあり方が問われる時代になっています。

そしてエンターテイメント(アミューズメント)のあり方が問われる時代になっています。

より臨場感を持たせてリアルにリアルに。

純粋に楽しみですね〜!

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

参考記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00000502-fsi-bus_all

「老人を賭博漬けにする気か!」

認知症予防カジノ介護事業所賛否

「老人を賭博漬けにする気か!」と賛否が起こるわけです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

それは木を見て森を見ずの典型例です。

カジノサービスを提供する京都の介護事業所「ハートフル京都・羽束師デイサービスセンター」がレクリエーションゲームとしてカジノゲームを取り入れたようです。

手先と頭を使って認知症予防につなげようという考えのようです。

認知症は症状が出はじめると、加速度的に進みます。

本人はもちろん認知症を止めたいんでしょう。認めたくないのでしょう。

しかしながら外部からの刺激がなくなり、話相手がいなくなりといったお年寄りはぼけてしまいます。

大切な身内にもぼけている人がいます。

そんな私からするとカジノゲームをさせてあげたいな〜と思うわけです。

ネット環境ないんで、ゲーム機でも買ってあげようかな。

もちろんソフトも。

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150413-00000024-kyt-l26

日本でカジノゲームアプリを流行らせるためには??

作り手の想像力

日本でカジノアプリが流行らない理由を説いている記事を見つけました。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

日本はRPGを行ってきたからRPG型のゲームが売れる。

欧米ではシューティングゲームやカジノゲームを行ってきたからシューティングゲームやカジノゲームが売れる。

それはPS4などのコンソールゲームだけでなくオンラインゲームやアプリゲームにも共通して言えることだそうです。

なら、カジノを普及させたいなら、RPG型のカジノゲームを作ってしまえばいいと私は思うわけですね。

日本人はギャンブルが好きですから、RPG型にするだけで売れると言うわけですね。

RPG型のカジノゲームはコロプラが2015年の3月頃に発表しました。

「東京カジノプロジェクト」というAndroid用アプリです。

やはりウケています。

ただAndroid版しかなく、iOS版はないんです。

iOS版もリリース予定はあるようですが、リリース時期はまだ未定です。

で、元記事の趣旨はGoogle、Appleに続く第3のプラットフォームは何になるか?ということなんです。

元記事中ではGoogleやAppleに頼らないHTML5型のプラットフォームを作れば良いなどと書いています。

単純な話、AndroidやiOSといったアプリの提供場所に頼らず、コンソールゲーム、オンランゲーム、アプリゲーム全てで遊べるものが求められるということです。

これってご存知の通り、既にオンラインカジノ業界では進んでいます。

WindowsもMacも関係なく遊べる。

AndroidもiOSも関係なく遊べる。

モバイル機器でもタブレットでも、パソコンでも、テレビ画面でも遊べる。

そう、既に第三のプラットフォームの答えはあるわけです。

そこに日本市場でカジノと言う要素を掛け合わせるとRPG型オンラインカジノを作ってしまえばいいということです。

実は2015年春にRPG型オンラインカジノとして「カジ旅」のリリースが予定されています。

今はリリース前の先行登録を受け付けている状態です。

もしよかったら先行登録しておくと今後のゲーム市場の動きも良く分かるようになるのでいいですよ。

オンラインRPG型カジノゲーム:「カジ旅」ホームページ

先行登録しておくと、リリース時にプレゼントもらえるそうです!

もちろん私も先行登録はすませています。

何がもらえるかは分かりませんが、今後のゲーム市場の動きも含め、楽しみにしています。

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150412-00010000-nipponcom-cul&p=3

「東京カジノプロジェクト」Android版コロプラからリリース!

コロプラ 東京カジノプロジェクト配信開始(日刊スポーツ)_-_Yahoo_ニュース

「東京カジノプロジェクト」がコロプラから18日リリースされました。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

東京湾に浮かぶリゾート島のオーナーとなり、カジノゲームとリゾート育成の両方が楽しめるゲームのようです。

まずは18日にAndroid版がリリース。その後、反応を見てiOS版のリリースを決めるのでしょう。

コロプラ <3668> は18日、スマートフォン向けゲームアプリ「東京カジノプロジェクト」Android版の配信を開始したと発表した。カジノゲームとリゾート育成要素が楽しめるタイトル。基本無料でアイテム課金制。iOS版の提供も予定している。プレイヤーは東京湾に浮かぶ、とあるリゾート島のオーナーとなり、オーナー達が集まるカジノに出かけてさまざまな遊戯に挑戦する。

単純にカジノゲームを行うだけではなく、リゾート育成も同時に楽しめるのでかなり需要があると思います。シムシティレベルにリゾート育成ができるならそれだけで十分ですし。

リリース日の終値は46円安の2733円で落ち着いたようですが、もう既に利益確定に入っているのかもしれませんね。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150318-00000202-scn-biz、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150319-00000018-nksports-ent


s_empirecasino