マカオの凱旋門カジノで約14億円の横領事件が発生

マカオの凱旋門カジノVIP部門副総裁に14億円横領疑惑、行方不明に_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオの凱旋門カジノの副総裁を務める社員が
日本円にして約14億円の金を横領した疑惑が向けられています。

当該する副総裁は行方不明と言う状況で
捜査が進められています。

副総裁はVIPルームのライセンス申請や利益配分などを行う立場にあり、
非常に責任ある役職についていたことが伺えます。

マカオでは2015年9月にも
計308億円の売上金を横領する事件が起こっています。

カジノ内のセキュリティー管理だけではなく、
働く側の人間に対しても監視の目を光らせなくてはいけないということです。

カジノの売り上げが減少する中、
ショッキングなニュースであることに変わりありません。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:マカオの凱旋門カジノVIP部門副総裁に14億円横領疑惑、行方不明に(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160105-00010002-macau-cn、マカオ新聞)

高額賞金獲得者続出!ワイルドジャングルカジノ!

オンラインカジノ最強のプロモーションのWildJungle_Casinoワイルドジャングルカジノ_-_高額賞金オンラインカジノジャックポット最新情報

一攫千金を目指してプレーヤーが集まるワイルドジャングルカジノ。

そのワイルドジャングルカジノの1月度の日本人高額賞金獲得者を紹介します。

1月度は10万円を超える高額賞金獲得者が10名!!
これほどまで高額賞金獲得者が出たのはいつぶりでしょう!

さらに2名の方が100万円を超える賞金を獲得!
最大金額獲得者は200万円越えとなっています!

やはりジャックポットによる高額賞金を狙うためには
ワイルドジャングルカジノがおすすめです。

日本人で一億円を超えるジャックポット獲得者を出しているのは
オンラインカジノの中でワイルドジャングルカジノだけ。

しかも2回1億円を超える賞金獲得者が出ています。

その2回とも「ゴールドラリー」というゲームです。

1億円を狙うなら是非ワイルドジャングルカジノのゴールドラリーを選択してください!

オンラインカジノで1億円を超える賞金を狙うなら
↓依然ワイルドジャングルカジノ一択です!↓

マカオ=カジノという図式はもう古い?

マカオ、ギャンブル目当ての旅客は全体の4分の1=観光・レジャー要素の拡充進む_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

収入の多角化を進めるマカオですが、
意外な数字が明らかになりました。

マカオを訪れる観光客の内、
カジノ目当ての客は全体の4分の1にすぎないようです。

マカオは経済の多角化を進めていますが、
思ったよりも進んでいる印象を受けました。

マカオ=カジノ
という図式が崩れてきている様子です。

しかしながら、
マカオでは新規IR施設の建設予定、
開業予定が進行中です。

実はカジノ飽和状態にあるのではないか?とも思えるのですが、
マカオは今後もカジノを中心としたIR施設の建設を進めるのでしょうか?

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:マカオ、ギャンブル目当ての旅客は全体の4分の1=観光・レジャー要素の拡充進む(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151222-00010000-macau-cn、マカオ新聞)

ディーラーロボットが実現する未来の形とは??

香港カジノ機器製造大手がディーラーロボット開発=米国市場でデビュー計画_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

香港のカジノ機器製造大手がディーラーロボットの開発を進めているようです。

ディーラーロボットの実現によりメリット、デメリットが考えられます。

人為的なミスや不正を防げることになるというメリットが考えられますが、
無機質なゲームになるという弊害も考えられます。

行き過ぎるとただのパチンコやパチスロと
変わらなくなってしまうのではないでしょうか?

ディーラーロボット…
実際にお客さんの反応を見てみないと
良し悪しを判断するには早すぎるかもしれませんが、
どこまで受け入れられるかが非常に不透明といえるでしょう。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:香港カジノ機器製造大手がディーラーロボット開発=米国市場でデビュー計画(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151221-00010001-macau-cn、マカオ新聞)

エッフェル塔のレプリカもお目見え!パリジャンマカオの開業が決定

マカオの大型IRパリジャン、16年9月開業へ=米LVSアデルソン会長明かす_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

パリをイメージした大型IR施設パリジャンマカオの開業が
2016年9月と決まったようです。

元々は2015年末の開業を予定していましたが、
マカオのカジノ環境の悪化により、
開業予定を延期、そして2016年9月に決定とのこと。

運営元はサンズチャイナ社で、
テーブル認可希望台数を450台としているようです。

大型IR施設パリジャンマカオの開業によって、
3000室の客室数も確保されるようです。

カジノだけに頼らないIR施設の運営によって、
さらなる成長を見込むようです。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:マカオの大型IRパリジャン、16年9月開業へ=米LVSアデルソン会長明かす(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151219-00010000-macau-cn、マカオ新聞)