カジノチップ仲介人のおかげでマカオは潤っているようです。もちろん不正。

シンガポール型カジノは日本で成立せずギャンブル依存対策は不可能、カジノとマネーロンダリングは表裏一体_井上伸__-_個人_-_Yahoo_ニュース

マネーロンダリングが中国のマカオで行われるのは中国ならではの特別な事情があるようです。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

中国人は中国から国外に持ち出せる資金量が決まっています。ですからVIPルームで遊ぶ様な金持ち達は不正に送金したお金で遊ぶ事が当たり前になっています。

ジャンケットと言われる、おそらくカジノチップ仲介人の存在があるのもそのためでしょう。

お金を落としてくれる顧客を連れて来てくれるカジノチップ仲介人をカジノ側が規制しにくいのにも理由があるわけです。

もちろん日本では同じ事を起こしてはいけません。あくまで個人で利用できる金額を定め、カジノ内で不正にチップを購入したりなどは処罰する方向でカジノ法案を作っていく必要があると思います。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀で実際に勝ってるやついる?」

記事参考元:http://bylines.news.yahoo.co.jp/inoueshin/20141113-00040689/

──────────────────────────────────────

コメントを残す