ビットコインオンラインカジノ

沖縄県知事選、焦点はやはり辺野古移設、カジノの2本

Yahoo_ニュース_-_沖縄県知事選4氏が立候補 辺野古争点に論戦、11月16日投開票(琉球新報)

沖縄県知事選の告示が行われました。現職の仲井真弘多氏(75)、前那覇市長の翁長雄志氏(64)、元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)、前参院議員の喜納昌吉氏(66)の4氏。今回の沖縄県知事選最大の焦点である普天間基地移設問題と、カジノに対する立場を整理しました。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

普天間基地移設問題について

仲井真氏
「一日も早い普天間の危険性除去」を公約に掲げ、辺野古移設が具体的で現実的な方策だと主張する。前回と違って容認の立場を明確にした。

翁長氏
「あらゆる手法を駆使して新基地は造らせない」との姿勢を打ち出した。埋め立て承認を検証し、取り消しや撤回を含め検討するとしている。

下地氏
移設の賛否を主張せず「当選後6カ月以内に県民投票を実施し、その結果に基づいて行動する」と主張し、有権者の判断に委ねる考えである。

喜納氏
埋め立て承認は「手続きに瑕疵(かし)があるため取り消す」と主張。暫定的な措置として嘉手納基地への移駐など一時的な県内移設を容認する考えを示す。

カジノ導入の是非について

仲井真氏
「県民の合意が前提」

翁長氏
「悪影響が懸念され反対」

下地氏
「法が成立すれば考える」

喜納氏
「条件付きで賛成する」

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141030-00000006-okinawat-oki

──────────────────────────────────────

コメントを残す