s_empirecasino

分かっちゃいるけどやめられない。ギャンブル依存症者の受け皿を。

Yahoo_ニュース_-_ギャンブル依存症考 「対処機関の充実を」久里浜医療センター精神科医長の河本泰信さん_(カナロコ_by_神奈川新聞)

分かっちゃいるけどやめられない。まさにこれが依存症者の心理でしょう。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

イメージとしては『分かっちゃいるけどやめられない』状態。やめたいけれどもやめられず、薬物や酒と同じでいくらやっても満たされないけど求めていき、破滅に向かう。心に深刻な葛藤を抱えている人が多い

タバコが体に悪いと分かっていてもやめられない。

過度な飲酒は体に悪いと分かっていてもやめられない。

こういったことは私自身も経験済みです。

だからこそ、ギャンブルに対しても、お金がないけど当ったらでかいから止められないという心理の人が存在することは用意に想像できます。そういった人々に対しての受け皿が必要ですね。

例えば、タバコだったら禁煙治療が存在し、お酒であればアルコール依存症者の受け皿として病院があります。ギャンブルに関しても病院という受け皿があるっちゃありますが、「ギャンブル」というものが社会的にプラスのイメージで捉えられていないこと、またやっている本人に後ろめたさがあるために病院での相談というのも難しいという現状があると思います。

しかしながらタバコにしても酒にしてもギャンブルにしても依存性の高いものであり、社会がそれをきちんと認知していれば周囲から積極的に対策を勧めることも可能です。

ギャンブルに関しては趣味の範囲でやっている分には私は構わないと思いますが、家族に内緒で借金をしてしまったり、家族に内緒で家のお金を使っていたりすると問題です。

依存症というものは周囲の助けがないと依存から抜けられないものです。カジノ解禁が日の目を浴びてきたことによってギャンブル依存症者の割合が非常に大きいことも分かりました。是非カジノ解禁よりも先にギャンブル依存症に対する理解と対策方法を国民に分かる形で説明してもらいたいものです。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-00107117-kana-l14

──────────────────────────────────────

コメントを残す