ビットコインオンラインカジノ

カジノのない日本にとって地域型PRをしていくのは当然のこと。作って終わりじゃ芸がない。

カジノ誘致地方型PRを_(長崎新聞)_-_Yahoo_ニュース

カジノ誘致に関して、衛藤晟一首相補佐官は13日長崎市で講演しカジノを含む統合型リゾート(IR)のハウステンボス=佐世保市=への誘致について地方型カジノPRを行っていけば面白いと提案しています。

しかしながら、

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

長崎に限らず、現時点でカジノのない日本にとって全ての地方が地方PR型のカジノ誘致の方向を探っていくのが当然のことです。地方の強みをいかしたカジノ誘致活動なしに差別化を行う事ができないから当然ですね。

日本の企業は地域と密着して官民共同で進めていく事が正直いってへたくそです。だからこそ、日本中に必要のない施設であったり、第三セクター問題が起きるわけですね。作って終わりという発想ではなく、作った上でいかに地域と密接に地域活性化を目指していくかが本来の地方活性の在り方であるはずです。これまで散々失敗してきた日本ですが、カジノ導入をきっかけに地域ごとの差別化が生まれることを望んでいます。何もカジノに頼らずとも地域の特色をもっとPRできる地盤ができれば望ましいと個人的に考えています。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

──────────────────────────────────────

コメントを残す