s_empirecasino

ギャンブル依存症者の増加は国際競争力の低下につながる?!

カジノ解禁で増加リスク指摘も_「ギャンブル依存症」とは?_(THE_PAGE)_-_Yahoo_ニュース

ギャンブル依存症に関する記事を読んでいた興味深い一文を見つけました。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

国際社会では、ギャンブルに限らず依存症は国力低下につながるとされ、賭場へのアクセスを少しでも減らすという取り組みが主流です。

日本って国際競争力を技術で補っています。しかし、国際社会で活躍している日本人というのは少ない気がしませんか?英語教育に問題があるということも一因にあることは間違いないでしょうが、ギャンブルに対する教育がされてきていないという点にこそ問題があるのかもしれません。

成人男性、女性に限らず誰しも何かしらの形で賭博に参加したことはあると思います。極端な話、ビンゴなどもそうでギャンブルに参加したことがないと言う人はいないでしょう。

しかし、こういったものを含めギャンブル依存症である人、もしくは何かしらに依存している人というのは多いでしょう。

そして日本は特殊なギャンブル市場であるパチンコ屋さんが堂々と利益をあげています。前述の通り「国際社会では、ギャンブルに限らず依存症は国力低下につながる」と言われている中で、パチンコ屋を黙認している時点で日本の国際社会での特殊性と盲目性が疑われます。まずは世界からみて堂々と紹介できる経済市場を作り上げる事から考え直すべきでしょう。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

──────────────────────────────────────

コメントを残す