s_empirecasino

カジノ法案の提出を11日自民党が打診するも公明党が難色。

カジノ法案、自民が週内審議入りを提案

カジノ法案を11日に審議入りさせようとしていたことがわかりました。難色を示したのが公明党。しかし、最近公明党の支持母体である創価学会の影響力が取りざたされ、政教分離の観点から弱みを大きくさせたくないという意思があります。

そもそも宗教団体が最大の支持母体である公明党の存在は政教分離の観点からすると違法状態にあるのではないか?

↓オンラインカジノはジャックポットがどんどん出てるここから!↓
カジノ初心者には日本語でわかりやすいワイルドジャングルカジノをおすすめしています。

ということがこのタイミングになってニュースなどでも取り上げられるようになっています。おそらく公明党は大きな発言はしばらくできない可能性が高く、野党の協力が得られれば、日本経済活性化の起爆剤としても期待されているカジノ法案の審議が今国会中にも可能となるかもしれません。また、会期は22日までですが国会の延長できますよね?すすめるべきお仕事残ってるんだったら休んでないで国の為に働いて欲しい物です。

↓オンラインカジノはジャックポットがどんどん出てるここから!↓
カジノ初心者には日本語でわかりやすいワイルドジャングルカジノをおすすめしています。

──────────────────────────────────────

コメントを残す