s_empirecasino

東京都にカジノを設立するための茶番劇が始まるのか?

都知事選に出馬した五十嵐政一氏はカジノ誘致で安倍首相に打電を打ったと言う記事を見つけました。

東京都内へのカジノ構想に反対の舛添氏が都知事選当選」という記事を先日書きました。それによってカジノ設立は大阪の可能性が高まるのではないか?とまで書きましたが、冷静になって考えてみると、カジノ構想に対してはあえて舛添氏は反対姿勢を示しているのではないか?という疑問がわきました。

カジノ構想に対して賛成の都知事のもとでカジノ設立を目指すよりも、カジノ構想に対して反対の姿勢を取る都知事のもとで東京都内にカジノ設立を目指すことで様々なメリットが生まれます。

・東京都に対してアメを与えまくる口実になる。

・反対派の意見を丸め込みやすい。

舛添東京都知事は東京を世界一の街にすると豪語していますが、それを考えればカジノ設立は条件の一つとして不可欠なものでしょう。今回の都知事選を振り返れば、原発や社会保障など論点のずれた選挙戦であったと言えます。主張のずれ、選挙の論点のずれの裏では触れたくない「何か」があったはずです。

東京都にカジノが設立するまでの茶番劇を見るのも楽しみだなぁと感じた一連の報道でした。

ネットでカジノをするなら、一攫千金を狙えるオンラインカジノ!!

──────────────────────────────────────

コメントを残す