CONTACT

ビットコインの出金方法は考えていますか?税金は?

 

「ビットコインの出金はできるのですか?」というお問い合わせを頂きますが、簡単にできます。

買ったビットコインをコインチェックなどのビットコイン取引所で日本円に交換するだけです。

そして、日本円を自分の銀行口座に出金するだけです。

こちらの記事に書いていることと反対の手順を踏むだけです。

 

「あれ?じゃあなんでみんなビットコイン買うの?」と思いませんか?

現在ビットコインを保有している多くの人はビットコインの便利性に注目しています。

便利だからきっと流行する、浸透する、価値が上がると思っているから保有しているわけです。

 

価値が上がると思わなければビットコインの需要は生まれず、ビットコインの価格はここまで上昇することはありません。

 

では、上がった後どうするのか?というと、現在法整備が進められていますので、ビットコインの売買によって得た利益に対しても課税されることが予想されます。

FXや株式投資などと同じ扱いになるのではないかと考えられています。

 

将来的には数10%の税金が課せられることになるでしょう。

 

しかしここで、抜け道が考えられます。

それはビットコインをそのまま使うということです。

 

為替に興味がある方なら分かると思いますが、日本円をドルに替えて、円安に進み、ドルの価値が大きく上がったとします。これを日本円に替えて利益を得ると課税対象になります。

 

しかし、ドルで物を買ったり、サービスを利用したりするとどうなるでしょう?物を安価に手に入れた、サービスを安価に利用できたという結果になり、その行為に対して税金が課せられることはありません。

 

ですので現在ビットコインを保有しているほとんどの人が、ビットコインのデビットカードを保有しようとしています。既にビットコイン対応のデビットカードを所有している人たちは、デビットカードを利用して物の購入をしたり、サービスを利用しています。デビットカードの発行に対してはまだ主流となるデビットカードが決まっていないため、シェアを分け合う形になっているのが実情です。2017年2月現在ではビットコインを店頭で利用できるようにするためのデビットカードの発行は個人間の紹介で行われることが多く、代理店などが募集されています。もちろん私も発行を申請していますし、代理店として人に紹介することができます。

 

そして、デビットカードの発行はなんと世界で最もクレジットカードのシェアを誇るマスターカードが行っています。マスターカードを発行している会社は既にビットコインの流通に将来性を感じ、手数料を取れると計算しているからです。ビットコイン対応のデビットカードの誕生はビットコインの誕生と同じ過程を辿っていることが分かります。個人間で価値のシェアが行われ、口コミや代理店を通じてデビットカードが浸透してきています。

 

ビットコイン保有者がビットコイン対応のデビットカードをなぜ発行するのかというと、通常のクレジットカードと同じように、カード番号さえあればビットコインをそのまま商品の購入やサービスの利用に使えるようになるからです。店頭でももちろん利用することができます。マスターカードのデビットカードですので、少し想像すれば当然といえば当然のことかも知れません。支払い形態が物々交換から貝殻、金などを経て通貨が用いられるようになり、クレジットカード、ネットバンクなどデジタルな処理がされるようにまでなり、通貨そのものがまた物々交換に還ろうとしています。

 

「ビットコイン」という「物」と「他の物やサービス」との交換が成立する時代を迎えようとしています。

 

ビットコインと物やサービスの交換の成立というのは個人にとってメリットしかありません。

 

必要な分だけビットコインを保有し、必要な分だけビットコインを利用する。そこには税金が発生する過程が少なくなります。可能性としてはビットコインの購入に対して課税されることは考えられます。消費税や所得税が課税される時代がやってくるかもしれません。

 

世界中のビットコイン保有者はその前にビットコインを集めようとしています。今でこそビットコインの知名度はテレビにも頻繁に取り上げられるようになり、広く知れ渡ることとなりましたが、そもそもの保有者はその何年も前からビットコインの魅力に可能性を感じ、リスクを取って保有していたわけです。1ビットコインが数セントで取引されていた時代が現実世界であったわけです。しかもここ数年の話です。ビットコインの拡大と成長はまだとどまるところを知りません。

 

そして今後ますますビットコインは浸透し、ビットコインの価値は上がることでしょう。「ビットコインの出金はどうするの?」という疑問などが生まれるということは、それだけビットコインという物の技術や価値が分かっていない人たちでもビットコインに興味を持っているということです。今後ますますビットコイン保有希望者が増え、自ずとビットコインの価値が上昇していくでしょう。

 

自ずと価値があがるというのは世界の株式市場と同じですね。成長すると考える物に投資して発展を期待する。

 

ちなみに2017年2月現在の報酬形態が日本円からビットコインに置き換わるとどうなると思いますか?

 

一切課税されることなくあなたのビットコインアドレスに全額振り込まれることでしょう。そしてデビットカードさえあればクレジットカード感覚で店頭で自由に利用することができるようになります。

 

今後預貯金に対しても課税されることが考えられますが、その前に全てビットコインに替えてしまえばいいだけです。全ての預貯金や資産をビットコインの交換に当てればいいでしょう。現段階ではビットコインという「物」の購入費用です。

 

税金対策として用いられてきたタックスヘイブンや、オフショア、移住などと言った言葉は聞いたことはあっても個人には関係ないと思っていたのではないでしょうか。しかし、これからは通貨のあり方が国のあり方を変える時代がやってくるかもしれませんね。

真面目にやり始めました。

<<お問い合わせはこちら>>

友だち追加

──────────────────────────────────────

コメントを残す

Translate