s_empirecasino

中国経済の鈍化が韓国の成長戦略に影響を!

韓国観光公社系カジノ運営会社、仁川・永宗島のIR開発計画見送り=中国の反汚職キャンペーンによる需要縮小で_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

中国経済鈍化の影響を受け、
韓国のカジノ運営会社は戦略の見直しをはかる
ようです。

中国といえば、
反汚職キャンペーンを繰り広げていますが、
その手はまだまだ緩みそうにありません。

さらに中国経済自体の成長が鈍化しており、
海外諸国に影響を及ぼすに至っています。

その一例が今回伝える、
韓国企業の件。

仁川国際空港近辺に統合型リゾート(IR)の建設を予定していた、
外国人
専用カジノ、セブンラックカジノを運営する
グランドコリアレジャーが予定の白紙化を発表しています。

その理由として主な外国人ターゲット層である、
中国人富裕層からの収入が見込みにくくなったことがあげられます。

韓国は現在中国と良好な友好関係にあります。
その韓国系企業が中国経済の将来を憂いている
という風に捉えることもできます。

いずれにせよ、
今回のグランドコリアレジャーの撤退を始めとして、
次々と事業展開を撤回する企業が現れないことを願っていることでしょう。

中国一国の政策が他国、韓国の経済戦略に
影響を与えるまでになっています。

中国経済はいつまで成長を
続けることができるのでしょうか?

そして中国経済が鈍足になった時の
受け皿は用意されているのでしょうか?

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:韓国観光公社系カジノ運営会社、仁川・永宗島のIR開発計画見送り=中国の反汚職キャンペーンによる需要縮小で(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151112-00010000-macau-cn、マカオ新聞)

──────────────────────────────────────

コメントを残す