s_empirecasino

コナミがカジノでパチンコで・・・活躍の幅を拡大!

コナミHD、平成28年3月期第2四半期決算を発表_―_営業利益は前年同期比の約2倍に…『MGS_V__TPP』500万本、『実況パワフルプロ野球』1600万DLなど_(インサイド)_-_Yahoo_ニュース

コナミHDが好調のようです。

その要因としてデジタルコンテンツ業、
ゲームのソフト面での売れ行きが牽引したようです。

モバイルゲーム
家庭用ゲーム
アーケード用ゲーム
カードゲーム
様々なコンテンツでヒット商品を抱えているようです。

コナミHD、平成28年3月期第2四半期決算を発表_―_営業利益は前年同期比の約2倍に…『MGS_V__TPP』500万本、『実況パワフルプロ野球』1600万DLなど_(インサイド)_-_Yahoo_ニュース 2

さらに後回しにして語られているのが、
カジノ(ゲーミング&システム)
パチンコ・パチスロ(遊技機事業)です。

カジノ関連ではビデオスロット機「Podium」シリーズが世界的に人気を博しているようで、
さらにカジノマネジメントが北米のカジノを中心に導入されているようです。

またパチスロ機では、
新基準にいちはやく対応した機器を発表するなど、
かなり柔軟に動いている様子が見て取れます。

どこの企業も手がける事業の幅が広がっています。
コナミは新しく手がける分野に対してかなり積極的に仕掛けている企業です。
しかもアミューズメントを中心とし、
自社の強みを良く理解していると言えるでしょう。

全ての企業が多分野事業に乗り出していく結果、
どういった未来が待っているのでしょう?

中小企業は生き残れるのでしょうか?
大企業はカジノ事業などのように、
外貨を稼ぐ方法、
新規市場で稼ぐ方法を開拓する方向に走って頂きたいものです。

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:コナミHD、平成28年3月期第2四半期決算を発表 ― 営業利益は前年同期比の約2倍に…『MGS V: TPP』500万本、『実況パワフルプロ野球』1600万DLなど(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151031-00000000-isd-game、インサイド)

──────────────────────────────────────

コメントを残す