ビットコインオンラインカジノ

つまりマカオは観光「地」と落ちたのだ。

マカオの2月ホテル客室稼働率大幅下落=旧正月連休挟むも日帰り旅客主流_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

2月のマカオのホテル客室稼働率がなんと80%下落とのこと。しかしながら、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

マカオを訪れた観光客の数は4.6%増えたとのこと。つまりマカオは観光「地」と化してしまったのです。

どういうことかというと、これまではマカオは中国中央政府の管理下に置かれながらも「国」として捉えられてきたと私は考えています。しかしながら日帰りで行けるようになったということはただの観光「地」と落ちてしまったわけです。

それはマカオに求められるものが変化していることと、マカオの魅力の幅や深さが見抜かれてしまったという印象です。

今後のマカオ政府の対応が楽しみです。

観光立国として「国」として見られてきたマカオがどのような発展を遂げていくのか、それとも退化していくのか。

※無料プレゼント【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料プレゼント【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150403-00010000-macau-cn

──────────────────────────────────────

コメントを残す