マカオのカジノの現状と未来。そして日本の現状と未来。どっちの方が危機的だと思いますか?

マカオのカジノ売上中長期見通し「力強い成長続く」=格付け大手フィッチ_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

「マカオのカジノの現状と未来。そして日本の現状と未来。どっちの方が危機的だと思いますか?」という記事で、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

マカオの現状とメディアの報じる情報を客観的にまとめたいと思います。さらに日本の状況を一例として紹介させていただきます。

まずはマカオのカジノに関して。格付け会社のフィッチによると、中長期的な成長が見込めるとして2015年度のカジノの成長率を上方修正し、マイナス4%としました。

【今日のチャート】カジノ業界への期待、急速にしぼむ-マカオ_(Bloomberg)_-_Yahoo_ニュース

一方カジノ企業の時価総額が、

習主席が共産党総書記に就いた2012年11月115日時点の885億ドル(現行レートで約10兆7300億円)を割り込んだ。ピークは14年1月の1980億ドル。

として1110ドルが吹っ飛んだと悲観的なニュースを流しているのはブルームバーグ。これは情報の捉え方次第でしょう。ドイツ銀行がマカオのカジノ関連企業の株を売るように促していることからも、現在はマカオのカジノ業界の時価総額が周りの情報に左右されている感が否めません。

マカオ、返還後初のマイナス成長=14年、カジノ売上と旅客消費の低迷響く_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マイナス成長の記事をよくみかけますが、では実際にそこまで悲観すべきことかというと、そうではありません。2014年度はマカオがポルトガルから中国に返還して以降初めてのマイナス成長に陥ったとされていますが、14年間右肩上がりで成長してきているわけです。2014年度の通年で0.4%減少という数字をそこまで深刻に考える必要がないことはわかっていただけることでしょう。

マカオ、返還後初のマイナス成長=14年、カジノ売上と旅客消費の低迷響く_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース 2

2014年のマカオの1人あたりGDPは約8万9,333USドルとのこと。

日本GDP一覧

2013年の日本のGDPは4,9920.7USドル。日本の名目GDPは下がり続けています。1995年の日本の名目GDPは5,348.8USドル

さて「どちらの方が危機的状況にあると思いますか?」

マカオ、15年ぶりマイナス成長=カジノ低迷で―14年_(時事通信)_-_Yahoo_ニュース

時事通信も日本の危機をきちんと報道すべきでしょう。

これにて以上。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150311-00010001-macau-cn、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150312-00000041-bloom_st-bus_all、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150314-00010000-macau-cn、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150313-00000170-jij-cn、http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/menu.html

──────────────────────────────────────

コメントを残す