USJはプライドを捨てたことで復活した本物のレジャーランド

USJ絶好調の理由 来場者過去最高へ 「ハリポタ後」の戦略も_(withnews)_-_Yahoo_ニュース

USJは夢の国ではないかもしれない、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

ハリーポッタエリアに限って言えば夢の国であることに間違いはない。私はハリーポッターの本はおろか映画も見た事がなかったにもかかわらず、ハリーポッターエリアに足を踏み入れて感動した。USJがついに夢の国への階段を登ったなと。

しかし、正直言うと、その後ディズニーランドにクリスマスの時期に行って、USJはまだまだ夢の国には遠いことを思い返させられる。

ディズニーランドのテーマパークの入り口を入った瞬間、ミッキーとミニーに出くわした。長蛇の列。そしてその長蛇の列に、ユーモアと丁寧な心を持って、一人ずつに接するキャスト。もうこの時点でミッキーとミニーという2人の役者がいる時点で夢の国なんだなと実感させられた。

USJは夢の国にはなれてない、まだまだレジャーランドだ。しかし、USJはまだまだ強くなっていくと私は感じた。夢の国ではなくレジャーランドとしてだ。そこには過去の不振があり、プライドを捨てユニバーサル映画に限らず、キャラクターを立て、(サンリオのキティちゃんやベティちゃんなどもそうでしょう、)家族層のファンを増やすことを地道に続けた。さらにアトラクションにも力を入れ、「ドリームザライド」という名ばかりドリームな本格的なジェットコースターの導入も進めてきた。

絶好調のUSJですが、意識はもう「ハリポタ後」に向いています。米ユニバーサル映画の作品に限らず、別配給の映画、国内外でヒットしている漫画・アニメも積極的に採用しています。乗り物だけではなく、閉ざされた空間から抜け出す「リアル脱出ゲーム」、映像ショー「プロジェクションマッピング」などアトラクションの種類も増やしました。

 沖縄や海外で「第2パーク」の計画も持ち上がっています。また、大阪府と大阪市が夢洲(ゆめ・しま)への誘致をめざすカジノを含んだ統合型リゾートの経営にも関心を示しています。社長のガンペル氏は社内で常にこう話しているそうです。「積極的にバットを振れ」 。

さらに今ではバイオハザードやワンピースなど、カップルや若年層に受けそうなものを積極的に打ち出すなど、さらにプライドなんて気にせず、集客の力を緩めることなく突き進んでいる。

夢の国は目指していないのはよくわかる。でも夢の国がレジャーランドの中にあってもいいんじゃない?ってのがUSJの考えだろう。新しく出てくるアトラクションやステージは一切妥協がないことがわかる。それは足を運ぶたびに感じさせられる。

しばらく足を運んでいない人は是非足を運んでみてほしい。

※USJの回し者ではありません。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150218-00000002-withnews-bus_all&p=1

──────────────────────────────────────

コメントを残す