s_empirecasino

密入国を取り仕切る蛇頭(じゃとう)とは

マカオ税関、蛇頭手引きの中国人密航者ら8人検挙=渡航目的は観光や賭博_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオ税関は1月21日、マカオのコロアン島蝙蝠洞近くの海岸で不法滞在の男女8人を検挙したことを明らかにした。中国本土へ戻るため蛇頭の手配した密航船を待っていたところだったという。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

蛇頭(じゃとう)と中国マフィアは別のようですね。しかし、中国本土では各種巨悪犯罪に手を染める犯罪組織のようです。

主に中国福建省を拠点として密入国を斡旋するらしく、中国福建省出身のパスポート保持者の入国管理審査は厳しいらしいです。

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)※無料

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)※無料

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150122-00010002-macau-cn、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9B%87%E9%A0%AD

wikipediaより転載。

蛇頭(じゃとう)とは、主に中国福建省を拠点とする密入国を斡旋するブローカー犯罪組織。またはそのネットワークの総称。英語圏ではSnakehead(スネークヘッド)と呼ばれている。
1980年代初頭から中国人密入国に関与して有名になった。現在日本ばかりでなくアメリカやヨーロッパにも密入国のネットワークを構築している。一般的には組織犯罪と認識されがちであるが、その実態は、送り出し、輸送、出迎えなどに役割が分担され、各担当は繋がりがなく面識のない者同士がブローカーから請け負っていることがほとんどで、組織としての体を為していない。そのため、事件が発覚しても全容解明にいたらないことがほとんどである。
中国マフィア(福建マフィア)といわれることもあるが、前述の通り、マフィアとしての強固な組織は持たない。また、、「基本的には密入国以外の犯罪には手を染めない」というのは日本での誤解であり、中国本土では蛇頭の名前は各種凶悪犯罪と結び付けられて語られることが多く、実際に必要に応じて中国マフィアや日本の暴力団の手を借りることもある。

──────────────────────────────────────

コメントを残す