マカオ政府、カジノ業界へ統合型リゾート施設の内容充実を求める考え

Yahoo_ニュース_-_鉄火場からIR志向へ=マカオのカジノライセンス更新問題、来春から具体的検討開始_(マカオ新聞)

マカオの崔世安行政長官がマカオ返還15周年式典にて、カジノ産業が調整期に入っていることを公式に認めました。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

さらに現在マカオ政府がカジノライセンス(ゲーミングライセンス)を認可している6つの事業者が2020年2024年に満期を迎えることを見据え、2015年からカジノライセンスの認可方式を改める考えを示しました。

カジノに依存する施設ではなく統合型リゾート施設として、カジノ以外の施設の拡充などを求めていくことになるのでしょう。

現在最大手とされるSJMグループに関しては統合型リゾート施設を持たずカジノだけの運営を行っています。そのSJM
グループが統合型リゾート施設を持つ他のカジノ業者に比べ、売り上げの落ち込みが激しいことからも、統合型リゾートとしての在り方を重要視すると思われます。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141221-00010000-macau-cn

──────────────────────────────────────

コメントを残す