中国本土の贅沢禁止令、ラスベガスのカジノの売り上げにも影響

Yahoo_ニュース_-_ラスベガスにも寒風=中国人ギャンブラー減でバカラ売上36_減_(マカオ新聞)

中国本土の贅沢禁令によってマカオだけでなく、

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

シンガポール、ラスベガスなどもカジノの収益を減らしていることが明らかになりました。

ただ全体としては5.6%の売り上げ減少にとどまったようです。

ネバダ州ゲーミング管理局が11月21日に発表した最新統計によると、10月のラスベガス・ストリップ地区のカジノ売上は前年同月比5.6%減の5億2029万米ドル(日本円換算:約617億円)。このうち、中国人ギャンブラーが最も好むバカラテーブルの収益は36%減の9729万米ドル(約115億円)だった。

中国本土からの外貨流出は一時的なものと考え、長期的な視野に立ったカジノ運営を模索すべき時代に来ているのでしょう。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀で実際に勝ってるやついる?」

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141129-00010001-macau-cn

──────────────────────────────────────

コメントを残す