自民党は大阪を切らせて国政を断つことができるか

日本の政権与党を担う自民党が地方の選挙を巡って岐路に立たされています。

その舞台となるのは大阪。大阪は大阪維新の会が最も票を持っています。さらに、大阪の政治は大阪維新の会が盛り上げてきているという事実があります。大阪だけではなく、日本の政治は民衆の関心が低く投票率も芳しくありません。その背景として結果ありきのプロレス政治、信頼度の低下など基本的には政治の不透明さからくる国民の無力感があると考えられます。

そこに対して大阪維新の会を創立した橋本徹氏は、政治的しがらみもなく、誠実な政治を前面に打ち出し民衆の支持を集めました。もちろん政治の世界ですから、全てが明瞭で理解できる、賛同できるというものではありませんが、大阪府民ならびに大阪市民に寄り添う姿勢が高く評価されたものだと思われます。

その頃、政権与党は自民党、公明党の連立与党をはじめ、民主党が時の与党となるなど国政は大きく揺れた時期を経験しています。結果として民主党の政権与党としての力のなさ、人材の欠乏、そして公明党のたぬきのような振る舞いが目立ち、自民党は単一政党で自力の強さをつけていくこととなりました。

しかし、自民党単独での衆参院過半数の議席獲得は難しく、地域政治においては公明党、国政においては公明党に加え国政政党、日本維新の会の協力を必要としています。事実、国政においては日本維新の会の協力を得て政策をスムーズに進めることができています。日本維新の会ならびに大阪維新の会はしがらみが少なく、歴史がないため、スタンスを柔軟にとることができるという強みがあり、民衆に受け入れられやすい意見を忌憚なく発することができます。こういった背景があり、自民党は国政においては日本維新の会と、多さにおいては大阪維新の会と連携を取り政権運営を進めてきました。大阪では大阪万博開催、カジノ誘致などが自由に行われてきていますが、その背景として安倍首相との蜜月関係が功を奏していることは自明です。

しかしながら大阪の府知事選、市長選において大阪維新の会のパワープレイに対して自民党大阪府連などが中心に待ったの声を上げています。やはり党としては第一党を目指すのは当然のことです。しかし、その手段として自民党は大阪維新の会を除く野党に手当たり次第とも取れるような協力を呼び掛けています。これまでにも当然野党共闘の姿勢を見せることはありましたが、今回は少し毛色が異なります。なんと共産党との共闘も視野に入っているとのことです。誰もがご存知の様に、共産党とは共産主義を理念に置く政党です。自民党は自由民主主義です。そういった全く価値観の異なる野党とまで共闘すると言っているのです。これにはさすがに疑問を感じずにはいられません。

党の理念を曲げない維新に対して、党の理念すら見失っているその他政党と映っても仕方がないでしょう。おそらくこういった動きに対して全面的にイエスと言いづらいのが自民党本体でしょう。言ってみれば風向きが決して良いとは言いづらい大阪地方選挙、負ける公算の高い地方選挙のために党の信念を曲げるのではなく、ここは消化試合として無風に終わらし、維新に恩を売る形を残しておいて、国政にて維新の連携を仰ぐ形になるのではないでしょうか。

個人的には共産党と自民党が組むことで大阪万博やカジノ誘致に冷や水を浴びせられることが気にかかるくらいですが。

いずれにせよ4月7日投開票ですからすぐに結果は明らかになりますね。



福岡市中洲のマンションの一室にて違法インターネットカジノ提供

福岡市中洲のマンションの一室にて違法インターネットカジノ店「jupiter」を運営する中村大輔容疑者らをはじめ、客ら含め男女6人が逮捕されました。客に関しては容疑の認否を明らかにしていないようです。

ニュースによると逮捕容疑は1月31日から2月1日までの期間の容疑のようです。おそらくその時だけでなく他の期間も違法インターネットカジノ店の運営は行われていたと思われ、余罪の追及などが進められているようです。

どちらかというと現行犯逮捕が目立つ違法インターネットカジノ店の摘発ですが、潜入捜査もしくはたれ込みなどの情報を元にした対応まで進められているのでしょうか。

インターネットカジノ店を運営することは、それ自体が違法ですから、こういった違法行為は撲滅してもらいたいものです。

先日から全国的に違法インターネットカジノ店の摘発、また発砲事件などのニュースが流れています。発砲事件のニュースでは外国人観光客のコメントが取り上げられており、日本の治安は良いはずなのにという意見がありました。

日本は2020年に東京オリンピック、2025年に大阪万博を開催することが決まっています。東京オリンピックはもう翌年です。さらに2019年にはラグビーワールドカップも開催されます。東京オリンピックが決まった時には歌舞伎町の浄化作戦などが目立ちましたが、開催までにまだ時間はありますし、国際行事を通して治安の安定化を図ってもらいたいものです。

オリンピックや万博、カジノなどは明るいニュースのはずなのに、こういった事件の方が目立つようでは残念ですね。



姜眞一(きょうしんいち)容疑者全国に指名手配へ

大阪右衛門町(そうえもんちょう)で発生した発砲事件で容疑者が全国で指名手配されました。

容疑者は住所不定、無職、韓国籍の姜眞一(きょうしんいち)容疑者で事件後逃亡中とのことです。

事件現場が違法インターネットカジノ店であったこともありセンセーショナルな事件として各社にて一斉に報道されています。

銃の入手経路の特定や犯行に至った動機の解明を進め、再発防止策を挙げてもらいたいものです。

違法カジノ店が事故現場となるとやはりカジノに対するイメージが下がります。お金が絡んでの犯行ということは間違いないでしょう。そのように連想されるのは残念ですが仕方がないことのように思われます。

日本に正式にカジノができ、客層などが固まってきて、映画のオーシャンズ11などのセットのように華やかなイメージ、大人の娯楽のイメージが浸透するまでは時間がかかるでしょうね。

それでも経済の起爆剤となるカジノには期待しています。

今回の事件に関しては容疑者が他にも凶器を持っている可能性があるため、もし見かけても安全の確保を優先してから、警察へ通報しましょう。



大阪にカジノは出来るのか?

大阪にカジノはできるのか?

順調に話が進めば大阪にカジノは出来るでしょう。しかしながら少し心配なことがあります。

それは大阪は公明党の発言力が少なからず影響するという点です。

公明党は支持母体である創価学会の影響を強く受けます。公明党は支持を集めるために弱者にとって有益と思われる政策を優先することが多々あります。民衆の見方であるというスタンスを示しやすいからだと思われます。

カジノは民意を汲み取るというよりは経営者や不動産会社などどちらかというようと既得権益者にとって利益が多くもたらされるイメージがあります。

カジノ産業に参画するためには莫大なコストやリスクをとる必要がありますから、誰にとってもメリットがあるかというとそうではないでしょう。

デメリットをあげれば民衆に危惧されることは多々あります。その中でも最も分かりやすいのがギャンブル依存症、治安の悪化でしょう。

実際にはパチンコや公営ギャンブルに依存する依存症者は既に相当数います。パチンコや公営ギャンブル周辺には身の丈に合わない遊び方をしたり、負けた腹いせにトラブルを起こすなど悪いイメージが連想されることも多々あります。こういった負の側面に焦点をあて賭博反対、治安悪化反対などと声をあげれば支持者は確実に集まります。

政策というのはカジノだけではありませんから、カジノに対して反対する層からの支持を集め、本来党として主張したい政策を進めることができるのであればカジノ反対派の支持を集めることも用意に想像できます。公明党がどのようなスタンスを取るかは分かりませんが、表面的にはカジノ反対のスタンスを押し通すであろうことは予測できます。

カジノというものに対して想像しやすい不安を煽ってみることで支持を集めることはできますが、二面的な顔を明らかに使うのではなく長期的な視点を持って政治に取り組んでもらいたいものです。

確かに「カジノ」というこれまでに日本国内になかったものを作るとなれば大きな変化が必要です。

海外では成功しているかもしれないが、文化も価値観も違う日本で事業として成り立つのかといった不安もあるでしょう。しかしながら文化や価値観といったものは既存の慣習に浸かっていただけでは発展しません。経済活動などは常に新しいものを生みだすことで大きく発展します。これまでにない新たなカジノというものを作るだけでこれまでになかった職業や関りが生まれます。それら全てがメリットだとは言いませんが、それらによって得られる発展や成長が飛躍的に都市を発展させるかもしれません。

東京一極集中と叫ばれて久しいですが、大阪も地方都市の一つです。地方の住民は地方にとどまっていると分かりませんが、東京と比べると明らかに発展が遅れています。それは都市として外側の発展だけでなく、サービスや商品に関しても同じことが言えます。テレビ番組のチャンネル数を見てもそう、流行を見てもそう。すべてが東京の後追いです。地方都市に必要なことは東京と同じスピードで発展することではありません。なぜなら東京に追いつくことはできるかもしれませんが、地方が発展をすすめる間にも東京はそれ以上のスピードで人を集め、技術を集め、発展していきます。

大阪をはじめとする地方に今必要なのは東京にない魅力であり、東京にないコンテンツです。そのコンテンツとしてカジノは分かりやすく、人寄せ、技術寄せにつながると想像することは難しくありません。

大阪は地方都市のひとつとして比較的成功している都市だと思います。それは関西弁や、それを土台としたお笑いの文化などが全国的に受け入れられていることが大きいと思います。これらは東京に迎合するものでなく、大阪が自然と育んできた文化です。意識の差はあれカジノもそういった武器になると思います。

別にカジノが最悪失敗に終わったとしてもチャレンジなくして成功はありえません。大阪は挑戦に寛大で失敗すらも受け入れてくれる空気があります。デメリットばかりに目を向け逃げることは簡単ですが、是非次の大阪のチャレンジとしてカジノに取り組んでいってもらいたいと思います。そしてそのためには政治が一体となって向かっていってほしいものです。



インターネットカジノ店で発砲事件

難波の宗右衛門町(そえもんちょう)で発砲事件があったようです。

現場はインターネットカジノ店。金銭がらみのトラブルでしょうか。

犯人は従業員と客に向けて発砲しており、犯人は逃走中、被害者2名は胸などを撃たれ重体とのことです。

難波の宗右衛門町は東京で言うと渋谷や池袋のような若者も多く賑わうところです。梅田に比べると若者の比率が高くわいわいとしています。元気な繁華街と言ったイメージです。

もちろん多くの飲食店が立ち並び、人もたくさんいます。日曜深夜の事件ですが人通りもあったと思われます。

今回の事件は発砲事件ですが、犯行が行われた場所自体が違法な賭博店です。

計画的な犯行ではないかとも言われており、恐らく犯人は賭博で負けた腹いせなどが犯行に走った心理的な背景にあったのではと思われます。

違法賭博店というアンダーグラウンドな場所に出入りしていると、初めは恐れこそすれ、次第に自分自身もその場所の一員だという意識が生まれ勘違いしてしまいます。一般的な意識であれば人に対して発砲などしようと考えないと思います。

負けたことに腹を立てたのかもしれませんし、その環境の中で嫌な思いをしたことに腹を立てたのかもしれません。いずれにせよ、環境によって人は大きく流されもします。

今回の事件現場が通常の公営ギャンブル店であればこういったことには発展していないでしょう。きちんとルールが敷かれ、店側も客側もお互いを信頼しあって気持ちよく遊べる環境作りが必要です。

違法賭博に関してはプロ野球や相撲を対象にしたものからパチンコ改造機を使ったものまで、多種多様な賭博が存在します。もちろん賭博自体は国や政府に認められたものしか遊戯することはできません。そんなことは周知の事実にも関わらず後を絶えません。

実際のところ違法賭博の根絶はかなり困難でしょう。最近になってようやくお金の流れなどがかなり可視化されるようになってきました。これはキャッシュレス社会の推進によってより明瞭に進むと思われます。お金の流れが明確になることでマネーロンダリングなどアンダーグラウンドなお金は劇的に減少することが期待できます。後は賭博を提供する側の整備です。ルールの徹底はもちろん、ルール違反者に対する厳罰化などが必要でしょう。現在のルールでは違法行為に手を染めるデメリットよりも金銭的メリットが大きいと判断されるため、違法行為に手を染めてでもメリットを享受しようとする違法行為者が多数存在します。今後も現れ続けることでしょう。

当然のことながらルールをきちんと守りサービスを提供する事業者が望まれ、客側も安心して利用できる環境が望まれます。

日本はカジノ推進に向けて舵をきっていますが、違法行為を行う事業者に対して、新たなルールの設定、周知、明確化ならびに厳罰化を進めて欲しいと思います。

違法行為が蔓延している社会であれば今回のような発砲事件は必ずまた起こるでしょう。

カジノ推進を機に、賭博周辺のルール化を徹底してもらいたいものです。

このような事件は予防していきたいものです。