CONTACT

関西経済同友会が大阪にカジノ要望書を提出

 

「カジノ」「関西ワールドマスターズゲームズ」関西経済同友会が松井知事と吉村新大阪市長に要望書_(産経新聞)_-_Yahoo_ニュース

関西経済同友会が「カジノ」と「関西ワールドマスターズゲームズ」の
要望書を松井大阪府知事と吉村新大阪市長に提出したようです。

カジノは橋本大阪市政時代から掲げられていた目標であり、
カジノ実現化に向けて官民一体となって政策を推し進めて行く狙いがあるようです。

松井府知事が所信表明 「都構想」使わず「副首都」強調_(朝日新聞デジタル)_-_Yahoo_ニュース

また松井大阪府知事は大阪副首都構想はあくまで手段であり、
目指すべき結果ではないと強調しています。

大阪の将来のあり方を考える上で副首都、
都構想というものがあり、そのためにカジノなどを
作っていくという方針のようです。

カジノ合法化の話はストップしているように見えますが、
各地方自治体はカジノ誘致に向けて前向きに取り組んでいるようです。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:<松井大阪府知事>所信表明「災害に強く」副首都化意義強調(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151214-00000040-mai-pol、毎日新聞);松井府知事が所信表明 「都構想」使わず「副首都」強調(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151214-00000034-asahi-pol、朝日新聞デジタル);「カジノ」「関西ワールドマスターズゲームズ」関西経済同友会が松井知事と吉村新大阪市長に要望書(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151214-00000546-san-pol、産経新聞)


CONTACT

カジノは日本国民に受け入れられるか?

 

カジノを導入に反対する層は44_6%も 賛成を上回る_(エコノミックニュース)_-_Yahoo_ニュース

カジノ導入に対して首都圏でアンケートを取ったようです。

その結果反対44.6%、賛成29.3%と反対票が賛成票を上回る結果となったようです。

アンケート内容に関しては、IRの認知、イメージ、賛否が問われたようです。

アンケートの結果からIRの認知が広まることで
女性層の票が賛成票に流れるのではないか?と楽観的な意見も述べられています。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:カジノを導入に反対する層は44.6%も 賛成を上回る(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151211-00000010-economic-bus_all、エコノミックニュース)


CONTACT

横浜は民官一体となってカジノ誘致を実現させるか?

 

横商の新会頭に上野氏 「地域発展へ一丸運営」_(カナロコ_by_神奈川新聞)_-_Yahoo_ニュース

横浜商工会議所の議員の入れ替わりがあったようです。

横浜はカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目標としています。

国内で2大候補とされる横浜と大阪。

横浜は大阪に比べ、
地方議会、企業がうまく手を取りあえているように見えます。

横浜商工会議所はIRの誘致に向けて、
地域復興のための対策委員会を細分化する方針を示しています。

大阪も同じペースで進めていかないと
同時期にオープンすることは難しくなるのではないでしょうか?

横浜の山下埠頭が統合型リゾート施設に生まれ変わる姿を早く見てみたいです。

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:横商の新会頭に上野氏 「地域発展へ一丸運営」(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151103-00004906-kana-l14、カナロコ by 神奈川新聞)


CONTACT

大臣は大臣。公明党は公明党。

 

石井啓一公明党

大臣は大臣。公明党は公明党です。

大臣は党への所属がありません。なになに党出身というくくりになります。

今回、国土交通省の大臣に任命された石井啓一国土交通相は公明党出身の大臣です。

そして、前回の国土交通相が誰かというと、太田昭宏氏です。公明党議員です。

両名とも”カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備”に関する担当を担います。

公明党出身の大臣から公明党出身の大臣へとカジノ法案成立というバトンが渡された形になります。

石井交通相は会見では「党の立場とは別の立場」と述べていますが、結果をどう見据えてるかが重要です。

石井国交相、カジノ担当に=出身の公明は慎重姿勢_(時事通信)_-_Yahoo_ニュース

太田氏がカジノ法案の成立という結果を見据えていたとは今現在も思えませんし、持っていなかったことでしょう。

石井氏は「党の立場とは別の立場」と言質をとられていますので、どう動くのか注目したいところです。

太田昭宏公明党

↓パソコン利用者はワイルドジャングルカジノ一択です!↓

↓スマホでRPG型カジノ♪クレジットカードも使えます!↓

参考記事:石井国交相、カジノ担当に=出身の公明は慎重姿勢(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151008-00000002-jij-pol、時事通信)


CONTACT

カジノ法案、また継続審議になったんだ。笑

 

秋の臨時国会以降、カジノ法案成立目指す 超党派議連が確認_(産経新聞)_-_Yahoo_ニュース

10年以上議論され続けているカジノ。

その間にアジア各国は観光推進のためにカジノを積極的に取り込んでいきました。

シンガポール、マカオなどが有名ですが、マレーシアなど他の国もカジノを取り入れています。ベトナムでは現在進行形でプロジェクトがどんどん進められています。

単純に外貨獲得のための手段であるため、海外では外貨獲得策として前向きに導入されてきました。

日本がこれほどまでにカジノの導入に時間がかかっているのは、既得権益者たちからの反対があるのでしょう。

カジノに関しては日本人の入場を禁止するだけで、いま高らかに喧伝されているカジノ実現時の問題は解消されます。

ギャンブル依存症に関しては、現在のギャンブルを規制することでギャンブル依存症者の絶対数が減るでしょう。ギャンブル依存症対策のロードマップを作成し、規制にメスを入れればギャンブル依存症に陥る人間を減らすことができ、それもそのままギャンブル依存症者の絶対数の軽減につながることでしょう。

カジノ法案に関して言えば、現在の日本は悪いところばかりが目立って見えます。問題を後回しにするところは日本っぽいですが、問題を後回しにしすぎてきた結果、次の問題を抱えることができないといったところでしょう。

ストレートに言うと、既存のギャンブルに対して法改正を行い、法整備を行った上であり方を考えること。ギャンブル依存症のことを真剣に考えるのであればそれが正しい道ではないでしょうか。

日本はすでにカジノで戦う必要性がないのかもしれません。

個人的には日本経済はバブル状態にあると思っています。

ここからさらにカジノ創造となった時に日本経済の実態はまた後回しにされるのかと思うとゾッとします。

一つずつ先人たちが残していってくれた遺産を検証しなおし、現代にあった形で法を見つめ直す必要に迫られていると言えます。

後回しにしたつけは大きくなって帰ってきます。

現在の日本経済を株価から見た時の成長は果たして賃金上昇につながっているでしょうか?

私たちに掲げられていた、賃金上昇を享受できる夢物語はどこに行ってしまったのでしょう。

↓パソコン利用者はワイルドジャングルカジノ一択です!↓

↓スマホでちょこちょこ♪クレジットカードも使えます!↓

記事参考元:カジノ開設、最大の障壁はギャンブル依存症問題だ ついに開かれるパンドラの箱「カジノ法案」審議(http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150625-00044105-biz_jbp_j-nb, 宇佐美 典也, JBpress);カジノ法案、秋の臨時国会に先送り(http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/150907/plt15090721040029-n1.html, iza, 産経新聞);通常国会、事実上閉会 法案成立率9割下回る(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150926-00000073-san-pol, 産経新聞)


CONTACT
Translate