s_empirecasino

脱税は犯罪ですから捕まります。

「オンラインカジノはネット上のことだから、ばれないだろう」と安易な考えは捨ててください!

まだ今よりもレバレッジをかけれたFXの黎明期に4億円脱税した主婦が捕まりました。

>>>今ではすっかりカリスマ主婦扱いでどうどうと表にでてきてます。

FXもネット上の取引が主体ですが、まぁ4億円勝っておいて、
税金のことが頭をよぎらなかったのか??と疑問が残ります。

オンラインカジノも同じで、ネット上だからばれないなどと言うことはありません。

オンラインカジノで得た賞金から気持ちよく税金を払いましょう!


s_empirecasino

オンラインカジノの賞金に税金はかかるのか?

ラスベガスなどで大金を手にした場合、現地で税金を引かれた手取り額を受取ることになるのですが、
下記のリンク先にある、外国税額控除の適用を受ければ、日本での納税額は少なくなります。
が、いずれにせよ、カジノなどで得た所得は課税されます。
※詳しくは下のリンクを参照ください。
>>>外国税額控除については国税庁のホームページを参照
では、オンラインカジノではどうかというと、
ラスベガスやマカオのカジノなどで得た所得と同じように考えます。

つまり、一時所得扱いとなり、課税の対象となります。

稼いだ金額から、それまでに使った金額や、
経費を引いた金額が50万円を超えるようであれば、
50万円を超えた金額に対して税金がかかるため申告する義務があります。

例えば10万円チップを購入し100万円儲けた場合はこうなります。
(100万-10万-50万)×1/2=20万
20万円が課税対象の一時所得となり、他の所得とあわせて、
税率が計算されます。

しかし、実際にはあまり認知されていません。
この例は競馬やパチンコなどにもあてはまるのですが、
競馬やパチンコをしている人の中にも、
知っている人、収めている人はほとんどいないのではないでしょうか?

オンラインカジノでは、よほど大きな賞金を獲得した場合は小切手や、
銀行送金時に銀行を通すことになるので、確実に国税庁の目にも触れます。

数千万クラスの大きな金額を得た幸せな時には
気持ちよく税金を納めるようにしましょう!

納税は国民の義務です。
下の記事も読んでおいてください。

>>>脱税したら当然捕まりますよ。


s_empirecasino

PricewaterhouseCoopers(PWC、プライスウォーターハウスクーパース)


PricewaterhouseCoopers(PWC、プライスウォーターハウスクーパース)は、世界4大監査法人(Big 4)の一角。
ニューヨークを本拠地とし、世界149カ国にわたるネットワークを持つ完全に独立した第三者機関です。

オンラインカジノなどのゲーミングの世界だけではなく、医療機関などの監査も行っています。

PWCの他にもeCOGRAやTSTが信頼できる第三者機関として挙げられます。

注意してもらいたいのは、第三者機関ではなくカジノ側が勝手に立ち上げているSafebet.orgのような自作自演の偽評価機関も存在しますので、
信頼できる監督機関はeCOGRA、TST、PWCだけと覚えておいたほうが無難だと思います。

>>>eCOGRAへのリンクはこちら(英語サイト)
>>>Technical Systems Testing (TST)へのリンクはこちら(英語サイト)
>>>Price Water House Coopersへのリンクはこちら(英語サイト)


s_empirecasino

TST(ティーエスティー)


Technical Systems Testing (TST、ティーエスティー)は、世界的に著名な技術審査会社であり、
オンラインカジノだけではなく、ランドカジノのゲームの審査も行っている完全に独立した第三者機関です。

ゲーミングRNG検査機関として業界最大手です。

各政府発行の宝くじの監査なども行う、世界的に信頼されている第三者機関です。

TSTの他にもeCOGRAやPWCが信頼できる第三者機関として挙げられます。

注意してもらいたいのは、第三者機関ではなくカジノ側が勝手に立ち上げているSafebet.orgのような自作自演の偽評価機関も存在しますので、
信頼できる監督機関はeCOGRA、TST、PWCだけと覚えておいたほうが無難だと思います。

>>>eCOGRAへのリンクはこちら(英語サイト)
>>>Technical Systems Testing (TST)へのリンクはこちら(英語サイト)
>>>Price Water House Coopers(pwc)へのリンクはこちら(英語サイト)


s_empirecasino

eCOGRA(イーコグラ)


eCOGRA(イーコグラ)は、オンラインカジノの公平性を監査する第三者機関です。

ユーザーがオンラインカジノを選ぶ際に安心して選べる要素の一つです。

「イーコグラによる監査を受けているなら信頼できるオンラインカジノだな」と言う風にオンラインカジノを評価する一つの判断基準となるわけです。

イーコグラの他にもTSTやPWHCが信頼できる第三者機関として挙げられます。

注意してもらいたいのは、第三者機関ではなくカジノ側が勝手に立ち上げているSafebet.orgのような自作自演の偽評価機関も存在しますので、
信頼できる監督機関はイーコグラ、TST、PWCだけと覚えておいたほうが無難だと思います。

>>>eCOGRAへのリンクはこちら(英語サイト)
>>>Technical Systems Testing (TST)へのリンクはこちら(英語サイト)
>>>Price Water House Coopers(pwc)へのリンクはこちら(英語サイト)


s_empirecasino